新着情報

 

パブリックスペース

茨城の夏ゆっくらキャンプ~2014年07/23 11:00
COUNTER2294425

オンライン状況

オンラインユーザー6人
ログインユーザー0人
登録ユーザー432人

住所

〒960-8036
福島市新町3-14 上州ビル 1階 
子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク
kodomofukushima@yahoo.co.jp
※宅配物送付先についてはトップページをご覧ください。

Address:
Fukushima Network for Saving Children from Radiation
1F Jyousyu Building  Shinmachi 3-14
Fukushima City Fukushima
Japan
kodomofukushima@yahoo.co.jp
 

保養情報

避難・保養情報
12345
2014/07/23new

茨城の夏ゆっくらキャンプ~2014年

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
8月2日(土)から8月8日(金)までの6泊7日
受け入れ人数:15名(保護者の参加も歓迎)
参加費:無料。バスで送迎。
宿泊場所:「ともいきの郷」
〒300-4101 茨城県土浦市本郷1403-1(再生民家)

集合場所:福島駅西口  
集合日時:2014年8月2日(土)午前10時30分 土浦までの希望の高速道路インターで乗車できます。

8月2日(土)午後2時 ともいきの郷着
8月3日(日)工作体験・バーベキューパーティ
8月4日(月)プール遊び 
8月5日(火)そば打ち体験 
8月6日(水)リラックスデー
8月7日(木)ハイキング
8月8日(金)午後4時 福島駅着

連絡事項:古民家住宅を譲り受け、「ともいきの郷」と名前をつけ、支援活動の拠点としてこれまで整備をしてきました。
 今年は、ともいきの郷での第一回目として、8月2日から8月8日まで6泊7日の子ども保養キャンプを計画しています。

「ともいきの郷」は漢字で書くと「共生の郷」です。人は家族をはじめとして、隣近所の人々、町や村の人々と係わりながら生きています。「地域と共に生きる」こと、「自然と共に生きる」ことも子供たちの成長には欠かせません。地域と自然との関係を大切にして、互いに助け合いながら子供たちの保養のための支援活動をしていきたいという趣旨で、その拠点となる場にこの名前をつけました。
今後は週末保養なども受入たいと考えています。

主催者名:福島応援プロジェクト茨城
担当者名:小張佐恵子
メールアドレス:saekoobari@gmail.com
電話番号:090-9108-0464


11:00
2014/07/15

浪江っ子・福島っ子のびのび支援プロジェクト

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
福島市内からバスにて、群馬県藤岡市三波川のそばにある、あそびの学校にてキャンプを実施。基本は親子参加(応相談)
日にち・2014年8月8日~10日(2泊3日)
費用・バス代、宿泊費、食費は無料
発着は基本は福島市内で、申し込みの方により場所を確定します。現在は福島駅か各仮設などをまわるかを目安に検討中。二本松を通ることも検討しています。
拡散可
連絡事項:親子50名のうちあと26名空きが有ります。(7/12現在)
(1)あそびの学校は築65年の学校をキャンプ施設にした、三波川ふるさと児童館です。就寝は寝袋となりますが、貸出用があります。
(2)川遊び、マスつかみ、コンサート、ワークショップ、お話会、泥だんご作りなど用意しています。
(3)線量は計測確認済みです。

上記の(1)、(2)は費用に含まれます。(無料)

主催者名:浪江っ子のびのび支援プロジェクト実行委員会
担当者名:磯村、樋口、柳井
メールアドレス:sinhujin@ma.kitanet.ne.jp
電話番号:03-3907-3841



13:30
2014/07/15

のびのびファミリー リフレッシュキャンプ

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
東京YMCAは2011年度より、東日本大震災の福島第一原発事故により被災された方々を「リフレッシュキャンプ」にご招待してい ます。キャンプでは豊かな自然の中で思い切り遊び、日常から離れてゆったり過ごしていただいています。2012年夏からは、シティグループ・ジャパン?ホールディングス株式会社との協働により実施し、この夏もご支援いただいております。どうぞご参加ください。
 
●日 程: 2014年9月5日(金)~9月7日(日)2泊3日

●集合解散場所: JR郡山駅前(福島県)
●集合解散時刻: 17:30集合、18:30解散予定

●会 場: 東京YMCA山中湖センター
 (福島県郡山市から貸切バスで約5時間)
 〒401-0502 山梨県南都留郡山中湖村平野419
 Tel:  0555-65-7721
 設備等:快適なキャビン、大きなお風呂、暖かなお食事が みなさまをお迎えします。2段ベッドのキャビンを1家族
(グループ)1室お使いいただきます。
 URL:http://tokyo.ymca.or.jp/yagai/yamanaka/

 
● プログラム例
*ボート、カヌー、クラフト、グランド遊び、キャンプファイヤーなど
*プログラム運営はYMCAスタッフとボランティアリーダーが運営します。
*プログラムは選択自由です。選択せずにのんびりサイト内で過ごしていただくこともできます。

●参加費: 無料 ※郡山駅までの交通費は各自でご負担ください

●対象者: 原則、原発事故を含む東日本大震災被災者で15歳以下の子どもを含む家族やグループ。(過去にYMCAのリフレッシュキャンプに参加なさった方も応募いただけます)。

●申込み: 
8月7日までに往復ハガキでお申込ください(必着)。応募多数の場合は抽選となります。
往信面裏に、参加者全員の氏名、ふりがな、生年月日、年齢、学年、性別、現住所、連絡先(電話/メール)を記入し、返信面表にご自分のご住所をお書きになり、下記の山手コミュニティーセンターまでお送りください。返信面裏は何も書かないでください。(重複の応募は不可)。

●結果通知:
返信ハガキで、1週間程度で返信いたします。
参加者には後日「キャンプのしおり」をお送りいたします。

●定 員: 13家族(グループ)40名程度

●協 賛:
シティグループ・ジャパン・ホールディングス株式会社
株式会社 トップナッチツーリスト(観光バス協賛)

●お申し込み・お問い合せ先
東京YMCA山手コミュニティーセンター
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-18-12  TEL:03-3202-0321

●ホームページはこちら
http://tokyo.ymca.or.jp/news/days.php?no=1074

*チラシPDFはこちら
http://tokyo.ymca.or.jp/admin/upimage/PDF/sinsai/reflesh-camp2014citi.pdf

11:25
2014/07/15

復活!森の教室2014

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
女子の参加者を募集しています。締め切りは7/17(木)までです。

小学生と保護者のみなさま、NPO法人遊学会と申します。遊学会は、いわき市戸渡分校でキャンプを2009年まで行っていました。残念なことに戸渡分校は除染対象区域になり使えなくなりました。そこで、森の教室を、8月1日~6日の5泊6日にわたり、新潟県湯沢町三国ふれあいの郷で行います。川遊び、星空のもとでのドラム缶風呂、石窯でのピザ焼きが君を待っています。楽しい夏の思い出を作りましょう。復活!森の教室2014に来てみませんか。

(男子は定員に達しました。女子のみ募集します)




期間:2014年8月1日(金)~6日(水)

場所:新潟県湯沢町三国ふれあいの郷363

参加費:25,000円

定員:30名

集合解散:いわき駅集合解散、東京の子は引率あり(その場合は交通費自己負担)

申込期間:7月17日(木)まで

問い合わせ:NPO法人遊学会東京練馬事務局 03ー3867ー6791(西尾留守電)




申込書のダウンロードは下記のサイトで可能です。

http://yugakukai.ie-t.net/pdf/MORI.pdf

連絡事項:女子のみの募集です。締め切りは7/17(木)までです。

主催者名:NPO法人遊学会
担当者名:西尾温文
メールアドレス:psychologist@aaa.email.ne.jp
電話番号:03-3867-6791

11:10
2014/07/11

夏休みショートステイIN甲賀2014

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
2014年7月25日~8月24日

滋賀県甲賀市甲賀町駅前、社宅にて貸部屋
ワンルーム(キッチン、トイレ、風呂、洗濯機、冷蔵庫、押し入れ)
3階が4部屋、一階が一部屋空いています

一泊1500円(貸布団一組1500円、何日でも可)

自立生活、自炊
車で来れる方に限る
東北・関東にお住いのご家族
キッチン用品等持参

夏休みショートステイIN信楽と連携
募集人数・5部屋のローティション
自然がいっぱい、公園、川、山で遊べます

連絡事項:エレベーターはありません

主催者名:なちゅらる・まま
担当者名:玉崎洋子
メールアドレス:natuyasumi.in.shigaraki@gmail.com

11:07
2014/07/10

福島の親子・学生応援東京スティ(2014後半期)

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
福島及び近隣地域の乳幼児~中高生親子&高校生・学生の
保養にどうぞ!!

NPO法人清瀬こども劇場・東京の親戚プロジェクト
福島の親子・学生応援東京スティ2014後半期募集要項     2014年7月


比較的放射線量の高い福島および近隣地域在住の、外あそびのままならない子どもたちが、家族水入らずで自由に過ごすことにより、日頃の放射能によるストレスを吹き飛ばし免疫力のアップにつながることを願って、2012年5月からこの保養プロジェクトを始めました。

場所は東京の郊外ですが、夏休みや週末、連休などを利用して(平日ももちろんOK)自炊しながら自由に過ご
して下さい。ここを拠点に遊びにでかけるなどどうでしょうか。

中高生や学生さんであれば学校選びや就職活動、はたまたコンサートや遊園地に行くための拠点などの利用もOK!  過ごし方は自由です。

東京の親戚プロジェクトのプチ保養は、これまでに22組の御家族とオープンキャンパスの見学やコンサート・短期講習等の目的の女子高生や中学生のグループ15組、合わせて37組121人(リピーター9組含む)の皆様にご利用いただきました。
利用者のお住まいも国見町・川俣町・福島市・二本松市・郡山市・須賀川市・白河市、いわき市・伊達市・米沢市と少しづつ広がり、滞在日程も1泊2日から6泊7日まで様々です。



保養は通年募集しています。いつでも保養の予約ができますので、
まずはお気軽にお問い合わせください。



★スティ先

1萩原宅(東村山市多摩湖町3丁目(西武多摩湖線西武園駅下車徒歩6分)
  募   集 親子1組(知り合い同士なら2組7名ぐらいまで可)(2階建一軒家)
  食  事 自炊(ガス)または外食をお願いします。鍋釜等調理器具・食器完備。お米、基本調味料ありま す。
交   通 西武園駅から東村山駅乗り換え西武新宿線に乗り高田馬場まで35~40分。
駐    車 駐車スペース(高2.2m)有り
設備備品  ガス水道電気・風呂・布団・バスタオル・炊飯器・冷蔵庫・電子レンジ・掃除機・洗濯機・エ
アコン・床暖房(1Fのみ)有
※すぐ近くに西武遊園地(徒歩2分)、西武球場、トトロの森があります。スーパー有。
自己負担 滞在先までの交通費・食費・滞在費一泊子ども500円 大人(中学生以上)1000 円
  そ の 他 テレビなし。


神戸(かんべ)宅(清瀬市松山・西武池袋線清瀬駅から徒歩7分)
  募    集 親子1~2組6名ぐらいまで(2階建一軒家1階部分 3DK)
学生 6名ぐらいまで
(学生のみの場合これまでは附き添いの方をお願いしていましたが,これからは原則必要ありま
せん。詳しくはお問い合わせ下さい。)
  食   事 自炊(ガス)または外食をお願いします。鍋釜等調理器具・食器完備。お米、基本調味料ありま
す。
交   通 西武池袋線清瀬駅から池袋まで25分、新宿三丁目33分、渋谷まで39分
 駐    車  無し。近くの有料駐車場をご利用下さい。
設備備品 ガス水道電気・布団・バスタオル・炊飯器・冷蔵庫・電子レンジ・掃除機・洗濯機・エアコン
    自己負担 滞在先までの交通費・食費・滞在費一泊子ども400円 大人(中学生以上)800円
そ の 他 テレビ・風呂なし。お風呂は近くの銭湯でお願いします。
家主が併設の事務所で10時~18時アニメの仕事をしています。トイレと台所昼間のみ共用



大滝宅(清瀬市元町) 清瀬駅から徒歩12分
  募  集 女子(中高生~学生)1~3名 (一部屋)
  食  事 朝夕食付。昼食は外食をお願いします。
自己負担 清瀬までの交通費・食事代・宿泊費800円(朝食付1000円 朝・夕食付1300 円)
交  通 新幹線宇都宮駅で埼京線または新宿湘南ラインに乗り換え池袋駅へ。池袋駅で西武池袋線に
    乗りかえ(乗車25分。急行の場合はひばりヶ丘駅で各駅停車乗り換え)清瀬駅下車徒歩12分
そ の 他  ○犬がいます。



★申込・お問い合わせはお気軽にどうぞ! まずは連絡お待ちしています。
  NPO法人清瀬こども劇場・東京の親戚プロジェクト(長谷川) 〒204-0022東京都清瀬市松山2-19-6
  TEL.042-493-7970 FAX.042-493-8090 (お願い!! 電話は10回以上鳴らして下さい)
  携帯070-6611-2690(WILLCOM) Eメール kiyosekodomonet@yahoo.co.jp 

主催者名:NPO法人清瀬こども劇場・東京の親戚プロジェクト
担当者名:長谷川 元文
メールアドレス:kiyosekodomonet@yahoo.co.jp
電話番号:042-493-7970

16:42
2014/07/10

夏休みを伊東市伊豆高原へ

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
おかげさまで定員となりました。
  たくさんのご応募ありがとうございました。


期間:2014年8月4日~8月7日

対象:小学生(あと5名)、保護者2名

費用:子供・保護者共2,000円

滞在費:無料

交通費:子供は無料、保護者は半額負担

交通:いわき駅発着、出迎え(特急)->東京駅(特急踊り子)->伊東駅

宿泊施設:アートハウスホライゾン
     (伊豆高原ペンション)
        Tel.0557-51-3434

連絡事項:これまで5回保養ステイに取り組んできました。お子様を安心して送り出してください。

主催者名:子どもたちを放射能から守る伊豆の会
担当者名:安部川 てつ子
メールアドレス:abekawa-h@cy.tnc.ne.jp
電話番号:0557-51-1335

16:42
2014/07/10

「遊ぼう!夏休み!宝塚保養キャンプ」

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
実施期間 2014年8月17(日)~8月23日(土) 6泊7日

宿泊場所 高野山真言宗・西光院 (兵庫県宝塚市小林1-2-20)

受入人数  子ども あと5名
      保護者 あと3名
参加費   一泊につき1,500円
      (交通費は全額補助します。)
現場責任者 宝塚保養キャンプ実行委員会・事務局長 蒲牟田宏

後援  宝塚市 宝塚市教育委員会
    宝塚市社会福祉協議会
連絡先 〒665-0841宝塚市御殿山 1-83-1
     浄土宗・大林寺内
電 話 090-1892-0524 蒲牟田
FAX 0797-86-5012
Mail  takarazukacamp@yahoo.co.jp
Blog  http://takarazukacamp.blog.fc2.com/
  ※宗教への勧誘は一切ありません。

主催者名:宝塚保養キャンプ実行委員会
担当者名:蒲牟田宏

12:28
2014/07/09

福島の子どもたちリフレッシュサマーキャンプin宮崎

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
期 間:2014年8月9日(土)~14日(木) 5泊6日
対 象:福島県の小学生(1~6年生)
    *身の回りのことが自分でできること。
定 員:15人
参加費:10,000円(交通費、宿泊費、食費、保険代込み)

【行程】
8/9 福島駅7時30分頃出発(新幹線)→博多駅(バス) →天空カフェジール
8/10~13 宮崎県宮崎市青島を中心とした保養プログラム
8/14 宮崎(バス)→博多駅(新幹線)→福島駅20時30分頃到着

【概要】
ウォークラリーや海水浴、野外炊飯、キャンプファイアーなど思いっきり遊んでもらえるプログラムを計画しています。子どもたちのやりたいことになるべく沿って遊べるよう企画します。
なお、移動では新幹線とバス、フェリーを使用します。その際、宮崎大学生1名・福島大学生2名・NPO法人Earth Walkers大人1名で引率する予定です。

【宿泊場所】
一泊目 天空カフェジール (宮崎県宮崎市加江田6411)  Tel 0985-65-1508
二泊目~五泊目 青島青少年自然の家(宮崎市大字熊野宇藤兵衛中州) Tel 0985-58-1711
ホームページ: http://www.aoshima-msgsi.jp

【応募方法】
[miyazaki★earthwalkers.jp](★を@に変えて下さい)宛てに、下記内容を記載したメールをお送りください。
・参加される方の名前、フリガナ、生年月日、年齢、性別、
・学校名、学年
・保護者氏名
・住所
・電話番号
・メールアドレス

応募を確認しましたら、アンケート用紙を送らせていただきます。

【応募期間】
2014年7月15日(火)

【お問い合わせ】 Mail : miyazaki★earthwalkers.jp(★を@に変えて下さい)
         Tel : 070-5400-7083 (時枝)

主催:宮崎大学アースウォーカーズ
協力:NPO法人アースウォーカーズ
*このキャンプは、「宮崎大学チャレンジ・プログラム」の助成を受けて運営しています。


◆宮崎大学アースウォーカーズ
2013年4月に宮崎大学のサークルとして発足しました。NPO法人アースウォーカーズと連携して、現地でのボランティア活動、保養キャンプの運営などを行っています。学内では、学祭で写真展示や東北の現状を知る報告会を開催しています。

◆NPO法人アースウォーカーズ(http://earthwalkers.jp/)
 東日本大震災後、宮城、岩手、福島3県の被災地支援ではガレキやヘドロの除去をはじめ、炊き出しや仮設住宅支援などを行ってきました。
 とくに福島では原子力発電所の事故の影響で広範囲にわたり放射能が放出され甚大な被害が広がりました。そんな中、放射能の除染や子ども達の保養キャンプ、野菜プロジェクトなどを行って来ました。また、九州の大学生を中心にのべ600人を超える若者を被災地ボランティアに派遣しています。
*今回のキャンプでは子どもたちの安全確保のため、協力してもらうことになっています。

10:00
2014/07/09

ティーダキッズプロジェクト2014

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
*趣旨*

平成23年3月11日の東北地方太平洋沖地震で被災した地域の復興はまだまだ道半ばであり、福島第一原子力発電所の事故はいまだ終息しておりません。その地域の児童生徒、そして保護者は余震や放射能汚染などの不安に苛まれ、心から安心して、とは言い難い日常生活を送っています。

また復興の過程においては、人々の様々な思惑によって多くの課題が生じて、そのことによって人々、子どもたちの希望が失われていることも否定できません。




そこでティーダキッズプロジェクトでは、単に楽しい夏休みを過ごして、そうした不安を忘れるという保養プロジェクトではなく、これから子どもたちがこの世界をどう生きていくのか、次の世代としてこうした課題をどう解決していくのかなどを考えながら、同時に一番大切な「連綿とつながる命」を沖縄の自然の中で、あるいは沖縄のおじい、おばあたちに囲まれるの暮らしの中で感じるプロジェクトとなっています。




*内容*

プロジェクト前半は、やんばる留学わらびやにおいて、森の中の宿舎で全員で寝泊まりし、森と海の関わり、自然の中に入る前の礼儀、自然エネルギーの体験、米軍基地や社会問題、マキによる料理や風呂、魚さばきや野草料理、Oリングやペンジュラムの使い方、集団生活と話し合いなどを学んでいきます。これは後半の一般家庭に入る前の訓練でもあります。また稲刈りと田植え、毎日のように海遊び、川遊びをします。食材はできる限り、九州沖縄産を使用予定。




プロジェクト後半の伊江村の民家宿泊では、乗馬体験と美ら海水族館見学と追い込み漁体験、などが全員参加のプログラムでしたが、それ以外は各受け入れ家庭に任されていて、参加者をお客さんとしてではなく、家族の一員として迎え入れるという趣旨の下、各受け入れ家庭の農業や畜産の仕事を手伝ったり、家事を手伝ったりもします。昨年度は畜産農家で、子牛の誕生に立ち会った参加者もいます。また家族の一員という意味で島の子と同じように躾けられます。




*対象*

福島県を中心として、東北各地方、関東北部など放射能汚染が気になる方々。また震災を経験して、その後の社会の動きや将来に疑問を感じる子どもたち。小学校5年生から中学校3年生のうち身の回りのことが自分で出来て、沖縄の自然の中で思いっきり遊びたい子ども。兄弟姉妹で小学校5年生以下の弟、妹がいる場合、またはどうしても母子で参加したい方はご相談下さい。飛行機内の引率はありません。那覇空港出迎え(15名程度)




*日程*

2013年8月3日(日)から8月23日(土)前半10日わらびや後半10日伊江村にて

 募集人数に達していないため募集継続中 

*集合、解散*

仙台空港、茨城空港、成田空港、羽田空港などを利用




*参加費用*

5万5千円(兄弟二人目からは5万円)空港までの交通費は参加者負担、航空賃を含むその後の費用はティーダキッズ負担となります。経済的に困窮されている方はご遠慮なくご相談ください。また逆に経済的に余裕がある方はご寄附のご検討もお願いいたします。またお子さん自ら、自分のためたお金でという相談にも乗ります。




*詳細*

ティーダキッズプロジェクトホームページをご覧ください。http://www.tidakids.info/okinawa2011/




主催者名:ティーダキッズプロジェクト実行員会

担当者名:坂田竜二

メールアドレス:flyingchari@yahoo.co.jp

電話080-6596-3772


09:56
2014/07/08

緑の交流プロジェクト

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
3.11原発震災から3年、福島では、未だ13万人が避難を余儀なくされ、3万人が仮設住宅で劣悪な生活を強いられています。
特に放射能の影響を受けやすい子どもたちは、以前のように家の外で思い切って遊ぶには躊躇があるようです。
  私たちは昨年、17人の福島の子ども達を南会津にある、さいたま市の教育施設にお迎えして5日間を過ごしていただきました。
自然の中で、伸び伸びとした5日間を過ごすことが出来ました。
 今年は場所を埼玉県寄居町に移し、緑に囲まれた素敵な環境の中で過ごしていただこうと思います。
寄居町は埼玉県の北西部に位置し、皆さんが活動する「学びの里」は森と、荒川という大きな川、そして近くには古い城跡と博物館に囲まれた広い庭のある合宿施設です。
 近くでは豊臣、北条、上杉の武将が戦った古戦場や時々SL(蒸気機関車)
の走るのが眺められます。
この夏休み、埼玉の豊かな自然の中でリフレッシュしてみましょう♪

・5日間の内容予定
今回のプロジェクトでは協力していただける合唱の先生、遊具作りの名人、竹を
使ったダンスの先生などの応援もあって、楽しく有意義な5日間が過ごせそうです。
緑の中のフィールドワークで、植物や鳥、昆虫探しにも出かけます。近くに川の
博物館があり、大プールで水泳もできます。
合宿所には料理の設備も整っていて、広い庭でバーベキューも楽しめます。
そして、埼玉の子どもたちとの交流も考えています。
とても楽しい企画です♪スタッフ一同笑顔でお待ちしています!ご参加ください。

・このプロジェクトへの参加希望の方は、Fax・メール・お電話などで
お問い合わせください。
※お名前、年齢(学年)、住所、連絡先、メールアドレスを明記してください。
メール nntom.forpe@jcom.home.ne.jp

・日程
行き 平成26年7月27日(日)
福島から 午前8時30分 福島駅集合 9時16分発
郡山から 午前8時50分 郡山駅集合 9時40分発
帰り 平成26年7月31日(木)
午後16時ころ大宮発 17時ころ郡山駅・福島駅到着

・参加費用
おひとり様 6,500 円(食費として)
学齢前は3,000円、乳児(2歳以下)は無料

・保養施設「学びの里」(あそびとしごとの学校) 090-4835-6156(眞木) 
所在地 埼玉県大里郡寄居町立原870 JR八高線・折原駅下車1km 
(東武東上線小川町駅より八高線に乗り換え)
総2階建て2階部分12人部屋4室、スタッフ用個室1 、1階部分、大広間、和室 
多目的大会議室、食堂、台所、大風呂、小風呂、運動のできる広い庭があります。

・主催
 緑の交流プロジェクト実行委員会
・主催連絡先
新﨑 080‐1204‐4452、 水野 080‐3211‐8257、 武井 090‐8170‐9674 
眞木 090‐4835‐6156、 Fax: 048(687)2241、 Mail: nntom.forpe@jcom.home.ne.jp 
ホームページ http://fukushimakkoproject.web.fc2.com/



11:36
2014/07/03

第2回福島の子どもたち日帰りリフレッシュプロジェクト

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
キャンセルが出たため追加募集をいたします。先着4名程度です。定員に達し次第募集を終了させていただきます。

NPO法人アースウォーカーズの新企画「福島の子どもたち日帰りプロジェクト」第2回目の参加者を募集いたします。

本プロジェクトは、福島の子どもたちとその保護者を対象に線量の低い山形県米沢市で外遊びや自然体験などの活動を週末日帰りで行っていくというものです。

今回は、午後~夜のプログラムです。まず、公園に行って外遊びをした後、みんなでBBQをします。BBQでは日本一に輝いた宮崎牛や、宮崎地鶏、宮崎でとれた新鮮な野菜などを使います!お腹いっぱいになったら、温泉街にいって足湯に入ったり、温泉卵づくりをします。そして、この日の最後のプログラムはホタル観賞!!。皆様のご参加をお待ちしております!

日程:2014年7月20日(日)

対象:小学生以下の子どもと保護者
  (未就学児は保護者同伴必須)

参加費:1人1000円+夕食代1000円

募集人数:先着20名

募集期間:7月10日(木)まで

【申し込み方法】
ホームページ(http://earthwalkers.jp/yh/YH02.html)の応募フォームからお申し込みください。また、[hoyo★earthwalkers.jp](★を@に変えて下さい)宛てに、
下記内容を記載したメールをお送り頂いてもご応募出来ます。
・参加される方全員のお名前、フリガナ、年齢、性別・ご住所・お電話番号・メールアドレス・アレルギー
応募を確認しましたら、返信のメールを送らせていただきます。




主 催:NPO法人アースウォーカーズ [http://earthwalkers.jp/]
協力:福島大学災害ボランティアセンター
お問合せ:Mail:
hoyo★earthwalkers.jp(★を@に変えて下さい)   

16:27
2014/07/02

山梨での夏休み2014

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
山梨での夏休み2014・参加者募集
 
 私たちは「放射能から福島の子どもたちを守る山梨の会」です。私たちは福島県や放射能被災地の子どもさんたちに、のびのびとした夏休みを過ごしていただきたいと、「山梨での夏休み2014」(2014/8・8~8・12)を計画しました。
 皆さんのご参加をお待ちしております。
 
●期間:2014年8月8日(金)~8月12日(火)―4泊5日
 
●対象:福島県および放射能被災地在住の小学2年生以上の小学生8名。
 
●費用:1人5,000円(福島および住居地から山梨の往復交通費、滞在中の宿泊食事代、保険料の全てを含みます)
 
●交通手段:福島~山梨の往復の交通手段はワゴン車を予定しています。
 
●集合:8月8日(金)午前8~10時、参加者の住居地の駅予定(詳細は追って)
解散:8月12日(火)午後4~6時、出発地
 
●宿泊場所:NPO法人 南アルプス ファーム フィールド トリップ管理の施設
男子、女子ごとの部屋での宿泊となります(山梨県南アルプス市)。
 
●滞在中の活動:「果実もぎとり」「野菜収穫体験」「そうめん流し」「川遊び」など
 
●主催:放射能から福島の子どもたちを守る山梨の会
代表・渡辺蔵雄(山梨県富士吉田市旭4-1-5)
事務局・今村栄一(TEL: 090-9347-3621、FAX: 0555-84-1108)
Eメール・counterradiation@joy.ocn.ne.jp
 
●申し込み方法
▲以下の必要事項を添えて、TEL、またはFAX、またはEメールでお申し込み下さい。
▲必要事項
(1)保護者氏名、住所
(2)保護者TEL、FAX、Eメール
(3)参加希望者の氏名(ふりがなつき)、年齢、学年、性別
(4)ご質問、心配ごとなどあれば
▲申し込み締切
 7月15日
 応募者多数の場合は、抽選のうえ決めさせていただきます。
 結果につきましては、応募者全員にお知らせいたします。
 
(2014年7月1日)
  
放射能から福島の子どもたちを守る山梨の会
事務局・今村栄一

10:58
2014/07/02

鳥取で遊ぼう!「志子部交流セラピーキャンプ」

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
鳥取で遊ぼう!山、川、海、ポニー牧場で!! 「志子部交流セラピーキャンプ」

「原発から遠く離れた鳥取県で、夏休みのひと時を思いっきり遊んでほしい!」との想いからこのキャンプを実施し4回目となります。好評だったプログラムを今年も実施します。 
【実施日】 2014年8月9日~17日(8泊9日) 
【場所】  鳥取県岩美町、鳥取市空山ポニー牧場、八頭郡八頭町など
【定員】  5名 (先着順)
【料金】  小学生20,000円 中学生以上40,000円...
  ※集合場所(福島県内)までの交通費は個人負担となります。 
【対象】  小学生~中学生くらい  
※子どもだけでの参加、集合場所から解散までは引率者がつきます。 
【プログラム内容】 
8月9日~12日 シーサイドキャンプ(シュノーケル、サーフィン、シーカヤック、キャンプファイヤーなど) 
12日~13日 田舎暮らし体験(薪のお風呂、竹細工、そうめん流し交流会、免疫力アップ料理教室など) 
13日~17日 ポニーキャンプ(ポニープログラム、シャワークライミング、川遊び、キャンプファイヤーなど)※キャンプは,ハーモニィカレッジのキャンプに参加する子どもたち(主に関西圏の)と約40名での共同生活。
田舎暮らし体験は、志子部集落の農家民泊に、福島の子どもたち5名とボランティアスタッフのみが泊まります。
【主催】     八頭船岡農場
【受け入れ団体】 社団法人ハーモニィカレッジ 
http://www.harmony-college.or.jp/ 
   風輪 http://gorugobata.exblog.jp/(ブログにて活動の様子を報告します)
【協力団体】   みちのく応援隊 https://sites.google.com/site/michinokuoentai/ 
【お問い合わせ・お申込み先】 担当者 風輪 小林浩子
TEL:080-3006-8165 MAIL:gorugotanbo@softbank.ne.jp(携帯)
※電波が無いことが多いですが、メールをいただければ折り返し連絡します。お気軽にお問い合わせください。 
6月25日~参加者募集開始 7月25日 締め切り(先着順)
8月1日 参加者決定(実施要項を送ります)

10:31
2014/07/01

ささやま里ぐらしステイ 2014夏

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
山や川で遊び、おいしい夏野菜を丸かじり、心もカラダもリフレッシュして

いっしょに創ろう、これからの暮らし

http://www.npofu-wa.net/stay/

【日程】 2014年8月3日(日)~7日(木) 4泊5日

【場所】 兵庫県篠山市龍蔵寺 丹波の家・風の家(社会福祉法人 水仙福祉会)

      ※ログハウス風の宿泊施設です。

【参加費】 大人8,000円 子ども4,000円   ※3才未満無料

【対象】 原発事故による放射能の影響を受けている子どもとその保護者

【交通】 往復とも貸切バス(無料)

【定員】 子どもと保護者5組(20人)程度 ※申し込み多数の場合は抽選

【申込方法】

    参加する人のお名前、ふりがな、性別、生年月日、現住所、震災前のご住所(現住所と異なる場合)、電話番号、

    メールアドレスを明記のうえ、下記申込み先まで「メール」「郵送」「FAX」「公式サイト」のいずれかにてお申込みください。

    (公式サイト http://www.npofu-wa.net/stay/)

【お問合せ・お申込み先】

    NPO法人 風和 (担当:大月)

    〒669-2414 兵庫県篠山市宮ノ前264

    電話 079-556-2258  FAX079-506-1618

    メール welcome☆npofu-wa.net(☆を@に換えて下さい。)


ささやま里ぐらしSTAY2014夏は、311受入全国協議会×セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン「みんなの希望ファンド」、

篠山市「篠山市東日本大震災復旧復興支援活動事業助成金」の支援を受けています。

14:07
2014/06/28

星空キッズツアー2014 in 清里

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
※申し込みが定員に達したため、ただいまキャンセル待ちのみ受付中です。


【開催内容】
■ 日程: 2014年8月8日(金)~10日(日)  2泊3日

■ 宿泊場所:羽村市自然休暇村(山梨県北杜市高根町清里)
※男女別の相部屋。3年生以上は保護者と別室の場合があります

 ■ 対象:福島県(放射線量の高い地域)に在住のこども約25名と保護者 
★できるだけ親子で参加していただきたいのですが、こどもだけでの参加も可能です(小学校4年生以上で身の回りのことが自分でできる小学生。 きょうだいで参加の場合は応相談)

■ 費用: こどもは保険料として700円、同伴する保護者は一人10,700円
※自宅ー郡山駅往復の交通費はご負担ください。

■プログラム内容(予定):
1日目 郡山駅前より貸切バスで清里へ/夜:歓迎会
2日目  「ほくと遊びの森」(プレーパーク:冒険遊び場)で自由遊びや木工体験/夜:星空観測など
3日目 キープ協会(清泉寮)でプロのレンジャーさんと森の散策など→バスで郡山駅へ、解散

■ 参加申し込み:7月9日(水)までに電話かFAXまたはメールでお申し込みください。基本的には先着順ですが、申込が重なった場合は抽選となります。 参加の方には7月12日(土)までにご連絡します

連絡事項:ホームページもご覧ください。
https://sites.google.com/site/sokaihoyoproject/xing-kongkizzutsua

主催者名:福島のこども疎開保養プロジェクト/福島の子ども保養プロジェクト東大和
担当者名:懸樋(かけひ)/ 関口
メールアドレス:sokaihoyo@gmail.com
電話番号:042-565-7478

14:03
2014/06/27

ふくしまっ子リフレッシュin湘南&こどもの国

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
夏と春、年2回リフレッシュ活動をしています。
 広~い子どもの国で動物と遊んだりサイクリング、プール遊びをします。
 藤沢市少年の森ではたくさんのアスレチックで遊び、ネイチャーゲームなどします。
 思いっきり遊びましょう。


7月27日(日)~30日(水)3泊4日
宿泊:こどもの国(横浜市)2泊
   藤沢市少年の森 1泊
7月27日(日)
 福島からバスでこどもの国へ
 歓迎会
7月28日(月)
 子どもアート(横断幕づくり)
 手づくりおもちゃ体験
 プール遊び
7月29日(火)
 プラネタリウム見学
 少年の森でネイチャーゲームやアス レチック等で遊ぶ
 ほうとうづくり
7月30日(水)
 藤沢市少年の森からバスで福島へ

連絡事項:3才以上の子どもと保護者
参加費:大人3000円 子ども2000円
宿泊費、交通費、朝夕食事代無料
追加募集です。あと20名。

主催者名:福島の子どもたちとともに・湘南の会
担当者名:青柳節子
メールアドレス:aoyagipc@jcom.home.ne.jp
電話番号:080-5099-4264

10:52
2014/06/26

働きながら長期保養しよう!

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
【夏休み保養情報】
保養を兼ねて、
この夏を栂池高原で働きながら
母子で過ごしませんか。
※この条件内であれば、大学生・フリーターまたは求職者であっても対応できます。

小谷村栂池高原という観光地です。

場所:長野県小谷村栂池高原。
期間:7月20日から8月31日まで。
状況:・午前6時から午後2時前まで.

   ・午後2時から午後6時前まで.

   ・日給5000円
  (寝て過ごす部屋と食事とお風呂も込みです)

   ・全日も可能。(日給9000円)

※母子2組で
8畳の部屋に同宿となるので
友達親子どうしなら良いかもしれません。

※お子さんと過ごせる時間も配慮しながら、
楽しく働いて頂きながら
よい思い出が作っていただけるように
話し合いながら、お手伝いください。

移動費用など(最後までいてくださる方には往復2万円)
詳細、お知りになりたい方は
下記に連絡お願いします。
車まで来られますと!尚!夏が楽しめます!

連絡先
0261-83-2314 深沢まで。
または、三枝さん 080-3580-0568

連絡事項:ご家族で来られる方もおられます。
冷静に考えてみていただけると、大人二人組で子どもさんを連れてこられたら、どちらかが子どもたちの面倒を見て休みながら仕事ができるということです!!

主催者名:深沢敏雄・みえだみなこ
担当者名:みえだみなこ
メールアドレス:mieda_37co@yahoo.co.jp


12:00
2014/06/26

復活!森の教室2014

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
小学生と保護者のみなさま、NPO法人遊学会と申します。遊学会は、いわき市戸渡分校でキャンプを2009年まで行っていました。残念なことに戸渡分校は除染対象区域になり使えなくなりました。そこで、森の教室を、8月1日~6日の5泊6日にわたり、新潟県湯沢町三国ふれあいの郷で行います。川遊び、星空のもとでのドラム缶風呂、石窯でのピザ焼きが君を待っています。楽しい夏の思い出を作りましょう。復活!森の教室2014に来てみませんか。
(男子は定員に達しました。女子のみ募集します)

連絡事項:対象:小学生3年生以上(男子は定員に達しましたので、女子のみ募集します)
期間:2014年8月1日(金)~6日(水)
場所:新潟県湯沢町三国ふれあいの郷363
参加費:25,000円
定員:30名
集合解散:いわき駅集合解散、東京の子は引率あり(その場合は交通費自己負担)
申込期間:7月10日(水)まで
問い合わせ:NPO法人遊学会東京練馬事務局 03ー3867ー6791(西尾留守電)

申込書のダウンロードは下記のサイトで可能です。


11:57
2014/06/25

森と水の町・岩泉町 こども交流プログラム

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
森と水の町、岩手県岩泉町で、この夏オープンする寝台列車宿泊施設「ブルートレイン岩泉」に泊まって、
サッカー指導を受けたり、自然の中で思いっきり遊ぶプログラムです。

【期間】7月27日~29日の2泊3日
【場所】岩泉町ふれあいらんど岩泉内
【対象】小学校3年生~6年生までの男女
【募集人数】10名
【費用】8.000円(保険料別途)
※団体としてバスを出していただける場合は もっとお安くできますのでご相談ください。

【プログラム内容】

〇7/27 
8:30 福島出発(小型バス)
途中、遠野駅にてSL銀河を見学。
走るSL銀河を見ながら遠野道の駅で昼食
18:00 岩泉町着
夕食後は宮城、岩手の子供たちと交流会

〇7/28 
午前 ブルートレイン岩泉のオープニングセレモニーに出席
午後 グルージャ盛岡選手のサッカー指導、またはモシ竜ロマンクルーズ体験
夕食は短角和牛のバーベキュー。夕食後花火大会。

〇7/29
9:00日本3大鍾乳洞・龍泉洞見学
三陸鉄道に乗って宮古駅へ。
宮古駅にて昼食後、バスに乗って福島へ出発。
20:00 福島着

男の子も女の子も楽しめるプログラムです。

連絡事項:団体でのお申し込みを優先させていただきます。
5名でしたら1名、10名でしたら2名の引率者をお願いいたします。(参加費は子供と同じ)

※この保養情報は拡散不可となっております。

主催者名:岩手県岩泉町/NPO法人岩手未来機構
担当者名:杉田靖子
メールアドレス:withcolor@ab.auone-net.jp


13:35
2014/06/25

心援隊☆夏休み 疎開・保養プロジェクト(大阪)

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
心援隊☆夏休み 疎開・保養プロジェクト(大阪)

2011年3月の東日本大震災及び、福島の第一原子力発電所の事故から3年以上が過ぎた現在も、
東北や関東では未だ多くの方が不安な生活を余儀なくされており、
わが子の健康や未来を不安に憂う親御さんも少なくありません。

そんな不安から開放され、親子で心身の健康を取り戻し、
安全な地への避難・移住への第一歩としてもらうため、
この夏休みも『疎開・保養プロジェクト』を開催いたします!

プロジェクト中は、自然の中で思い切り遊ぶことができたり、
子ども達の喜ぶイベント、先輩移住ファミリーとの交流など、
色々なプログラムをご用意してお待ちしております。

「とにかく子どもを守りたいねん!」その思いだけで活動を続けています。
短い期間ではありますが、きっと安心して楽しく保養して頂けると思います。
どうぞご参加ください。


1) 実施期間
2014年8月2日(土)~8月9日(土) 7泊8日


2) 基本滞在場所
光照寺(大阪府大阪市)
忍頂寺スポーツ公園・竜王山荘(大阪府茨木市)


3) 募集定員  5家族程度
※相部屋をお願いすることがあります。ご協力をお願いします。


4) 募集対象者
東北及び関東の放射能への不安を抱える子どもさんのいるご家族
全日参加可能で、全てのプログラムに原則参加可能な方
※西日本などへの移住を検討されている方を優先いたします


5) 参加費について  
・交通費は自己負担でお願いします。

・プロジェクト期間中の宿泊費・食費等は基本無料です。
※滞在期間中、独自で行動された場合の交通費などについては自己負担ください。

・期間中、楽しんでいただける様に企画したイベントに多少の参加費をいただく場合があるかもしれません。ご了承ください。


6) プログラム(予定)
・歓迎イベント・竹とんぼ大会・遠足
・たこ焼きパーティー・リラックスタイム・温泉
・在阪避難者さんとの交流会・エコー検査
・避難相談、移住相談(随時)
(イベントの中には、開催できなくなるものもあることをご了承ください)


7) 申込方法
※全て必須項目です。不足していると選考できない場合もあります。
※選考のため、担当者から全員にお電話をさせていただきます。必ず連絡可能な電話番号をご記入ください。
・参加者氏名(フリガナ)、年齢(就学児は学年も)、性別(参加者全員) 
・住所、TEL、メールアドレス(PCからのメールを受取可能なもの)
・参加しようと思う理由(お子様の健康状態、自宅付近の環境など) 
・避難・移住についての考えなど(移住を希望する期間や地域など)
・相部屋が可能かどうか
・その他特記事項(アレルギー・既往歴・障がい等・その他)
以上を下記の連絡先にご連絡ください。
(メールの場合件名に「夏休み疎開・保養プロジェクト申込み」とお書きください)


8) 応募締切   6月30日(月) 
※先着順ではありません。
応募者が定員を超えた場合は、参加される理由・家族構成などを考慮の上選考させていただき、決定させていただきます。


☆個人情報について
・プロジェクト中に写真や動画の撮影をします。
撮影したものは、今後の活動報告や資料として、報告書・HP・ブログ等に掲載させていただきますのでご了解をお願いします。
※個人情報につきましては、写真も含めて、第三者等への流出は致しません


◆お問合せ
復興支援NGO「心援隊」
「心援隊☆夏休み疎開・保養プロジェクト」担当 夏村ゆみ
電話:06-6476-9050 FAX:06-6476-9051
メール:info@shinentai.net
HP:http://www.shinentai.net/
ブログ:http://ameblo.jp/shinentai/

主催:NGO心援隊
協賛:光照寺・竜王山荘・森源太
協力:みのおアジェンダ21の会・みのおエコクラブ・日本志喜彩塾・チームまっぺあ

☆チラシはこちらから

10:43
2014/06/20

「福島の子どもたちに夏休みを」IN四国

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
おかげさまで定員となりました。
  たくさんのご応募ありがとうございました。


四国の海を楽しんでください

私たちは一昨年香川県高松市にあります「国立ハンセン病療養所 大島青松園」で保養事業をしました。昨年は、高知のお寺を中心にしました。
香川の静かな海(つりもできます)、そして高知の海は熱帯魚とサンゴがすばらしいです。
一時のことですが、お子様を大地と海で思いきり遊ばしてあげてください。

1日程 8月18日(月)~23日(土)
     8/18 夕方までに高知においでください。お寺泊
      19 高知観光 お寺泊
      20 土佐清水ミニツアー 民宿泊
      21 高知のお寺に帰る。 お寺泊
      22 香川県高松の国立ハンセン病療養所「大島青松園」へ 泊
      23 高松駅から帰路へ
2場所 真宗大谷派土佐別院
     〒780-0949
       高知市鳥越40-23
        ・ 088-843-4686
3募集 3~4家族10人ほど
4経費 会費 大人5,000円 小人2,000円
    交通費はJR料金でお支払いいたします。(当方でチケット購入して送らせていただくというのでも結構です)
    食費は、原則自炊です。(スタッフがいます)
5お問い合せ 真宗大谷派四国教区福島守る会
        岡  学
       〒761-2203
                香川県綾歌郡綾川町山田上甲255
          ・090-1000-7451
          メール honnenji-egaku@cameo.plala.or.jp


13:50
2014/06/19

第3回 夏休み!高岡であそぼう!

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
「第3回 夏休み!高岡であそぼう!」参加者募集のお知らせ

一昨年、昨年に引き続き、富山県高岡市の真宗大谷派(東本願寺)のお坊さんたちが中心となって、「第3回 夏休み!高岡であそぼう!」を開催します。
森のバンガローでの宿泊や立山でのジップライン(森の中に張ったワイヤーを滑車を使って滑り降りるもの!)など、自然に触れることを通して、富山県(西部)を満喫してください!
みなさまのご参加を、心よりお待ちしております。

☆ 期  間  2014年8月3日(日)~8月8日(金)5泊6日

☆ 宿泊場所  ・真宗大谷派寺院(8/3・4・7)
        ・桜ヶ池公園「自遊の森」のバンガロー(8/5・6)
       ※それぞれ、男女別で宿泊します。

☆ 募集対象  福島県内に在住する小学1年生~小学6年生(保護者同伴可)
(*小学3年生以下のお子様は必ず保護者同伴でご参加ください)

☆ 受入人数  約20名(保護者含む)*先着順で締め切ります

☆ 参 加 費  子ども1人1,000円、保護者1人5,000円 
(福島県内発着バス代、食事代、宿泊費含む)
       (ご自宅から福島県内発着場所までの交通費は各自負担ください)

☆ 日程(予定)
8月3日(日)午前8時頃、福島出発
午後3時頃、高岡到着・開会式    ※お寺にて宿泊
8月4日(月)高岡散策!              ※お寺にて宿泊       
8月5日(火)立山へ遠足!「ジップライン」に挑戦!
その後、桜ヶ池公園「自遊の森」へ  ※自遊の森にて宿泊
8月6日(水)桜ヶ池公園であそぼう!       ※自遊の森にて宿泊
8月7日(木)青少年教化委員会主催「夏の集い」に参加(1泊2日)
                         ※お寺にて宿泊
8月8日(金)午後 閉会式後、福島へ出発。午後8時頃、福島到着
         *全日程中、仏さまの前でお参りがあります
☆ 申込方法
 参加者のお名前、性別、生年月日、学年、ご住所、電話番号、メールアドレスをご記入いただき、真宗大谷派高岡教務所宛にFAXでお申し込みください。また、内容等のお問い合わせは、下記メールアドレスにてお願いいたします。
*尚、仮予約等でのお申し込みは、ご遠慮ください。
 
☆ 申込締切  7月4日(金)
   *参加者が決定され次第、集合場所や詳細日程等を送付いたします

☆ 特記事項   ?日程3日目の立山での「ジップライン」にご参加いただくには、次の条件があります。その条件に満たない小さなお子さまは、その間、スタッフと遊ぶなどして過ごしたいと思います。
・身長:120cm以上
          ・体重:25?以上 
?主催者側及びスタッフは、日程中の事故の無いよう万全の注意を払い行動しますが、万が一、事故があった場合には、当方で加入していますボランティア活動保険(社会福祉協議会)にて対応させていただきますので、ご承諾の上、お申し込みください。

☆ 主  催  「第3回 夏休み!高岡であそぼう!」実行委員会
                         実行委員長 青井和成
        事務局住所 〒933-0912
               富山県高岡市丸の内2-15
               真宗大谷派(東本願寺)高岡教務所
        事務局FAX 0766-24-2215
※    大変申し訳ございませんが、お電話でのお問い合わせにはご対応できかねますこと、ご了承ください。
                                                       
☆    お申込み・お問い合わせ専用メールアドレス
 asobo-takaoka@gobohan.com

簡単なWEBsiteもございます。ご覧ください。
http://asobo.takaoka.gobohan.com/blog/


10:58
2014/06/19

見て 跳ねて 楽しむ 青森ねぶた&津軽平野の秘境 鶴田町

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
1.目的
津軽エリア(鶴田町等)をフィールドにして、津軽ならではの遊びや体験を楽しみ、心身のリフレッシュをしませんか?
鶴田キッズキャンパス実行委員会では、福島県の子どもたちとそのご家族等を対象に、夏休み長期滞在プログラム「鶴田キッズキャンパス」を実施いたします。
これからの東北を担う福島と青森の子どもたちが交流できるプログラムとなっておりますので、是非ご参加ください。

2.参加対象
福島県内の小・中学生
※責任者(保護者またはサポート(成年))同伴を条件とします。
※小学生未満の子どもが参加する場合は、小・中学生を含む家族単位又はグループ単位で受付します。

3.主催(お客様窓口)
(1)主  催:鶴田キッズキャンパス実行委員会
(2)事 務 局:合同会社西谷内(事務局 担当:三上)
(3)問合せ先:TEL:0172-55-0268/FAX:0172-55-0252
E-mail : info@tsurutakids.net

4.実施地域
津軽エリア(鶴田町等)を中心に受入れ。
※滞在先は旅館「つがる富士見荘」(全泊)となります。

5.実施期間
7月27日(日)~8月3日(日)(7泊8日)

6.募集期間
6月6日(金)~7月7日(月)
※定員(10グループ、約30名)になり次第締め切ります。

7.申込方法
HP内お申込みフォーム、メール(info@tsurutakids.net)、又はお電話にてお問い合わせください。
事務局受付から申込書をお送りいたします。

8.プログラム内容
オリジナルキャンドル作り、ねぶた製作体験、鶴田町街あるき、鶴田焼き作り、町のねぶた愛好会のねぶた囃子練習参加(町の子どもたちと交流)、
農業体験、カヌー体験(町の子どもたちと交流)、夜の散策(ミニキャンドルナイト)、
採蜜見学、特産「冬ぶどう スチューベン」で染めるハンカチ作り、青森ねぶた跳人体験(事前希望制)等々。


HP: http://tsurutakids.net
facebookページ: https://www.facebook.com/tsurutakids



10:55
2014/06/18

家族でふくふくツアー

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
大変申し訳ありません。定員に達しましたので、募集は締め切らせていただきます。今後はキャンセル待ちのみ受付けいたします。

【募集要項】
■日程:2014年8月1日(金)~3日(日)(2泊3日)
■募集人数:福島県に在住のお子さんのいるご家族 4~5家族程度

■宿泊場所:健幸工房シムラモデルルーム「郷の家」(青梅市新町)

■費用:福島からの参加者の宿泊費、食事代、プログラム内にかかる費用は全額無料。
福島からの交通費は各自負担※一部支給予定。
保険料が別途かかります。

■プログラム内容 (予定):
8月1日(金)
河辺「梅の湯」にて入浴後、各自郷の家集合
自己紹介&ワークショップ
歓迎パーティー 

8月2日(土)
福生中央公園
公園遊び、川原遊び、ピザ作り
フレッシュランド西多摩(温泉)
夕飯は流しそうめん&スイカ割
青梅花火大会鑑賞

※雨天時・・・河辺市民センターで活動予定

8月3日(日)
子ども・・・遊び&チューリップ染めワークショップ
大人・・・茶話会
お昼  未定
現地解散

■申込み&問い合わせ
熊谷(クマガイ)
TEL&FAX:042-555-3656
メール:fukufukutour@gmail.com

お申し込み順となりますので、電話をかけて不在だった場合、必ずメッセージを残してください。

HP:https://sites.google.com/site/sokaihoyoproject/
ブログ
http://fukufukutour.blogspot.jp/

主催者名:福島のこども疎開保養プロジェクト
担当者名:熊谷玲子

17:06
2014/06/17

「アースデイおおまち子どもキャンプ」

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
「北アルプスの森で過ごす4泊5日!
 アースデイおおまち子どもキャンプ 参加者募集!」

          **************

 3.11東日本大震災、それに伴う福島第一原発事故の放射能漏れは依然続いています。
福島や周辺地域に住む子どもたちに信州に遊びにきてもらい、大自然の中で思いっきり遊んでもらえばと思い企画したキャンプは今年で3年目。

電気の代わりにランプを灯し、
ガスの代わりに焚き火をし、
水道の代わりに泉の水を汲む、
自然の中の4泊5日。

信州の大自然が、子どもたちを待っています。 

****************

●日程:7/30(水)~8/3(日)の4泊5日

●集合解散場所:
・JR福島駅 西口バスプール
 集合 7/30朝7時半(7時45分出発)、到着8/3 午後7時頃 
・JR郡山駅 西口バスプール 
 集合7/30 朝8時45分(9時出発)、到着8/3 午後5時半頃

●内容:森キャンプ、沢登り、野生動物との出会い、トレッキング、アート体験など
   
★おおまかな予定
 7/30(1日目)・オリエンテーション、ウェルカムパーティー
 7/31(2日目)・森の散策&アート体験
 8/1(3日目)・キャンプファイヤー
 8/2(4日目)・湖で遊ぶ、さよならパーティー
 8/3(5日目) ・10時ごろ出発
 
※天候などの理由によりスケジュールやプログラムが変更になることがあります。
   
●対象:福島と周辺地域在住の小学2年生以上中学3年生まで
    
●定員:35名 
(応募多数の場合は抽選とさせていただきます。結果は7/10までに書面にてお知らせさせていただきます。)
    
●参加費用:1人5、000円
(交通費、宿泊費、食費、保険代込み)

●場所:長野県大町市「森のくらしの郷」
詳細 http://morikura.com/ 
フィールドは、300haの広大な森!30のツリーハウス、7つの沢、20の滝、標高差700m、カモシカが約20頭、そして仲間たち。みんなで森を歩き出せば発見があり、いつのまにか遊びが始まる!

●募集締切:7月1日(火)必着

●お申込・お問合せ窓口:アースデイおおまち実行委員会事務局 (担当:八木)
長野県大町市大町4092(グリナーズビレッジ内)
電 話:0261-22-5545 【平日10時~17時】 
メール:info@greeners-village.jp 
携帯1:090-7402-7866(八木聡) 
携帯2:080-3201-9278(八木まきこ)

※お電話かメールにて詳しい資料をご請求ください。メールでご請求の際は、お子さんのお名前、学年、保護者の方のお名前、ご住所、郵便番号、お電話番号をお知らせください。
  

主催:アースデイおおまち実行委員会 
協力:手をつなぐ3.11信州、子ども信州ネット、千年の森自然学校、福島311支援白馬ほか
後援:大町市、大町市教育委員会 (申請中)


主催団体「アースデイおおまち実行委員会」とは・・
アースデイおおまち実行委員会は、2007年、大町市周辺の有志で結成。
アースデイフェスや映画の上映会、保養プロジェクトなどに取り組んでいます。
FBページ「アースデイおおまち」で検索してください。
https://www.facebook.com/earthday.omachi


14:23
2014/06/17

モアアップスクール保養キャンプ

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
今年3回目となる保養キャンプセス。
放射能などで、なかなか外で遊べない子ども達に山口県周防大島町のきれいな海で思い切り遊んでもらいたいと思い、計画しています。島での様々な体験や地域の方との交流を通して思いで作りをしましょう!

内容:海水浴・イカダ作り・磯遊・舟釣り・調理体験・野外炊事・地元学童との交流・夏休みの課題学習など。

日程:2014年8月4日(月)~8日(金) 五泊六日

参加資格:福島の小・中学生とその保護者

費用:交通費(福島から山口県山陽本線大畠) 子ども 約3万円(中学生以上 約6万円)

主催者名:和田地域活性化協議会
担当者名:佐藤哲夫
メールアドレス:genkiya-nagomi@sea.icn-tv.ne.jp
電話番号:0820-75-1818


12:38
2014/06/17

福福子どもの笑顔プロジェクト2014夏

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
福福子どもの笑顔プロジェクト2014夏

本年度も福井県福井市にて福島のこどもたちの受入、キャンプ・自然体験活動を開催いたします。

☆目 的
・福島のこどもたちが、福井の自然の中で思いっきり遊べる環境を提供します。
・自然体験・生活文化体験・交流体験を通じて、子ども達の自然環境・生活文化への興味関心を醸成します。
・福島のこどもたちが年齢や生活背景の違いを越え、集団生活・共同生活を通じて協調性を育み、
自立心、自然との接し方などを学び、もって子どもたちの生きる力をより効果的に育みます。

☆日 程
2014年8月18日(月)~8月24日(日)

☆対 象
福島県内に在住する小学1~中学3年生 30名
ただし、小学1~3年生については、1泊以上の経験者。

☆プログラム
野外炊飯、川遊び、クラフト、キャンプファイヤー、森遊び、ハイキング、ホームステイ など

☆参加費
25,000円(移動費、滞在費等)

☆事前説明会
7/12に郡山市内で、7/13に福島市内で午後から事前説明会を行います。
事前説明会への参加をお願いしています。

☆申込方法
当協議会HPより申込用紙をダウンロードの上、必要事項をご記入いただき、当協議会までFAX or 郵送にてお送りください。
申込〆切は、7月11日(金)までです。

☆お問合せ先
福井市自然体験交流推進協議会
〒910-0005
福井県福井市大手2-16-37

TEL 0776-21-2216/FAX 0776-24-8603
e-mail green@kyougaku.com

HP http://www.kyougaku.com.kyougi

主催者名:福井市自然体験交流推進協議会
担当者名:伊藤 
メールアドレス:green@kyougaku.com
電話番号:0776-21-2216

12:36
2014/06/17

田舎暮らし 鴻の里キャンプ

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
(HP http://www.kazesan.net/pg343.html )

里山に暮らす、人と自然が語り合う

 「奥能登輪島の里山に広がる棚田の風景の中で子どもたちいっしょに過ごしてみたい」と、ひとりの若者がふと思い立ちました。日本の原風景とも言える棚田がいま消え去ろうとしています。長い歳月をかけて代々育んできた宝物もそれと共になくなってしまうんでしょうか。裏山から引く貴重な水、冷蔵庫もテレビもない暮らし、不便がいっぱいの一週間。便利な日常が決して当たり前でないことを教えてくれたあの震災から三年目の夏、青年と数人の子どもたちが身近な自然や里山の暮らしを体験しながら、今をそして明日を見つめるキャンプです。ありそうでなかなか出会えないこの貴重なひとときを、どうぞ子どもたちに。

 山での遊びはまだ未開拓。木の上に秘密基地を作ってそこで遊んで寝る。なんてことができたらすごく楽しいんだろうなみんなはこの森を見てどんな遊びを思いつくんだろう。遊べる山をみんなで作れたらいいな。生活に使う溜めた井戸水はすっからかんになるかもしれない。とっても困るけど、みんなで一輪車にタンクを積んで湧水を汲みにも行ける。鴻のお父さんはいつも朝早く起きて、田んぼを畑を見回っている。みんなで手伝ってもみたい。ここで楽しみをいっぱい見つけその場から生まれるもので作り上げていくキャンプにしたい。(実は僕は能登島勝尾崎と同じくらい大好きな海、九十九湾にも遊びに行きたい)

日 程 2014年8月17日(日)~24日(日)
会 場 鴻の里(びしゃごのさと)輪島市東山

対 象 福島県内在住または一時避難中の子どもたちとそのご家族
    ●強度の持病やアレルギーがあるお子様は、あらかじめお申し出ください。
定 員 7人
参加費 1人 7,000円
    ●そのほか保護者負担となるのは、集合・解散場所までの交通費及び期間中での帰宅費用と、キャンプ中に発生した参加者本人のけがや疾患による経費(主催者の過失によるものを除きます)。主催者側で国内旅行総合保険に加入しますので、医療費は保険適用範囲内で後日保障されます。

・集合・解散について 福島県内での集合・解散場所と滞在地の往復には、主催者側が委託する貸切バスを利用する予定です。高速道路での途中の休憩を含め、9時間余りの移動となります。

・お申し込み、お問い合わせ
 参加ご希望の方は、次の内容を添え、メールまたはFAXでお申し込みください。
 保護者名、参加児童生徒名、年齢(学年)、生年月日、郵便番号、住所、電話(自宅と携帯)、メールアドレス(PCと携帯)

 Fax 0768-34-1278
 E-mail ryuhei.okamoto@gmail.com

・お問い合わせは電話でも可能です。 0768-34-1278(鴻の里)

***

 このキャンプはFKキッズ交流キャンプを応援する若者のひとり、岡本竜平くん(ゆびー)が独自に企画し開催します。今度はFKが応援する番です。FKではいつも参加する子どもたちの自主性を育むキャンプをしたいものだと夢を描いています。でも子どもたちばかりに押しつけて、おとなが率先して自立する姿を見せないのではまさに本末転倒ですよね。FKから派生し波紋のように広がるこの流れは、おとなの自立でもあります。告知に合わせゆびーからメッセージが届きました。こんなおにいちゃんと一緒に奥能登の里山で遊びたい子どもたち、さあ、飛び込んでおいで!(FK代表マスノ)

【リーダー・ゆびーの気持ち】
 福島の原発事故があって、3年経ちました。生き方を考え直さなきゃいけない。でも、答えはありません。自分の中に、どうやって生きて行こうなんていう答えは、きっと死ぬまで見つかりません。でも考えたい。
 原発に、賛成、反対と言い合いは続きます。言い合いの喧嘩をしても、よりよい方は見えてきません。それでも喧嘩は終わりません。それは、長く生きて来た人の話を聞いている内に分かりました。
 「原発はだめだから、太陽光だ、風力だ」と考える人もいます。森を切り開いて、大量の太陽光パネルを並べ、大量の風力発電機を建て、「凄いことしたでしょ?」です。そこに住んでいる人や生き物の存在は無視です。原発の事故は、もう忘れて、そろそろ戦争に加わろうとしています。全て、お金を中心にして日本や身近な世界は回っているせいです。
 自分は、お金を儲けるために生きているわけではない。じゃあ、なんのために生きているのか。就職活動をしているときに、ようやく気付きました。 小、中、高、大学と、なにも考えずに進んできました。実際はいろいろ考えていました。「勉強していれば、いっぱい道は開けるから。」という言葉をなんとなく信じて、大学まで入りました。その言葉は、ほとんど嘘だといまではわかります。今、やりたいことがあったとき、それに勉強が必要なら、勉強するんです。
 僕は、国語が大嫌いでした。本は読みたくない。なぜか知らないけど、読み方のテストがあるんです。苦手だから、早く読まなきゃいけないと思って、内容は全く残っていません。読みなさいといわれる時は、だいたい感想文も書かなきゃいけないんです。漢字の書き順は覚える意味を感じられない。字は自分で読めればいいです。相手に伝えたいと思った時、綺麗に書こうかと思うのです。でも、今は、本は大好きです。本を書いている人がなにを考えているのか。それに触れられることがすごく好きです。だから、勉強したいという気持ちは、自分のタイミングで、内から出てきます。
 学校の勉強も、順に大学に行くことも今では大切だと思っていますが、子どもの時代をこれだけに終わるのは、すごくもったいない。生き方の答えは、常に、今を生きようとする、子どもの中にあると感じています。
 春のキャンプ、大人は喧嘩ばかりしていました。どうやったらこの場を楽しめるのか、検討も付きませんでしたが、子どもは、今を全力で楽しんでいたのは確かで、現実に向き合っていました。僕は、4月から奥能登の山奥で生活を始めました。それも明確な目的を持ってきたわけではありません。自然に囲まれ、140年間の生活が染みついた古い家で暮らし、毎日農業をしています。流れのままに、ここに来ているということもありますが、まず自分の生きるために必要な衣食住に触れて生活したいと思ってここにいます。

主催者名:ふくしま・かなざわキッズ交流実行委員会
担当者名:マスノマサヒロ
メールアドレス:kazesan63@gmail.com
電話番号:090-2034-2963

12:33
2014/06/17

風薫る木陰のキャンプ(知的障がい児対象)

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
遠出の機会が少ない子どもたちが対象です。風が光り輝く里山のひとときをご家族ごいっしょにいかがですか。のんびり木陰に寝転んでの昼寝もよし、フリープランと金沢観光でお過ごし下さい。

日 程 2014年8月13日(水)~8月17日(日)
会 場 金沢湯涌創作の森

対 象 福島県内在住の知的障害の子どもたちとそのご家族
    ●強度の持病やアレルギーがあるお子様は、あらかじめお申し出ください。
定 員 16人(5家族ほど)
参加費 1人 8,000円
    ●そのほか保護者負担となるのは、集合・解散場所までの交通費及び期間中での帰宅費用と、キャンプ中に発生した参加者本人のけがや疾患による経費(主催者の過失によるものを除きます)。主催者側で国内旅行総合保険に加入しますので、医療費は保険適用範囲内で後日保障されます。

・集合・解散について 福島県内での集合・解散場所(郡山駅西口を予定)と滞在地の往復には、主催者側が委託する貸切バスを利用します。高速道路での途中の休憩を含め、9時間余りの移動となります。

・お申し込み、お問い合わせ
 参加ご希望の方は、次の内容を添え、メールまたはFAXでお申し込みください。
保護者名、参加児童生徒名、年齢(学年)、生年月日、郵便番号、住所、電話(自宅と携帯)、メールアドレス(PCと携帯)。

 Fax 076-298-3041
 E-mail nukumori@kca.biglobe.ne.jp

・お問い合わせは電話でも可能です。 090-3768-4820(事務局 河崎仁志)

主催者名:ふくしま・かなざわキッズ交流実行委員会
担当者名:マスノマサヒロ
メールアドレス:kazesan63@gmail.com
電話番号:090-2034-2963

12:31
2014/06/17

ふくしま・かなざわキッズ交流キャンプ

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
FKキッズ交流キャンプ2014夏第2弾「ふくしま・かなざわキッズ交流キャンプ

HPもご参照下さい。
http://www.kazesan.net/pg341.html

***

子どもと子ども 人と自然が語り合う

 この夏三年目を迎えたFKキッズ交流キャンプは福島の子どもたちにとっての保養とは、子どもたちが主役の交流とは、という最も大事にしたい初心に返ります。間近な未来さえ見えないこれからの時代を生きて行く子どもたちにとって、今必要なものはなんでしょうか。応援するおとなたちもいっしょに考え生活します。狭い料簡を無闇に押しつけるのではなく、森や海の自然という教師に抱かれ時間をかけて向き合います。お仕着せのプログラムはありません。主体性を育むことを目的とした自由な体験重視のキャンプを目指しています。けんかのあとの仲直りのように、苦労や失敗不便を乗り越えることでしか感じられない、本物の楽しさを経験できたらと思います。

日 程 2014年7月27日(日)~8月12日(火)
会 場 金沢医王の里オートキャンプ場 ・ 能登島勝尾崎キャンプ場
対 象 福島県内在住または一時避難中の子どもたちとそのご家族
    ●強度の持病やアレルギーがあるお子様は、あらかじめお申し出ください。
定 員 15人
参加費 1人 15,000円
    ●そのほか保護者負担となるのは、集合・解散場所までの交通費及び期間中での帰宅費用と、キャンプ中に発生した参加者本人のけがや疾患による経費(主催者の過失によるものを除きます)。主催者側で国内旅行総合保険に加入しますので、医療費は保険適用範囲内で後日保障されます。

・集合・解散について
●福島県内での集合・解散場所(郡山駅西口を予定)と滞在地の往復には、主催者側が委託する貸切バスを利用します。高速道路での途中の休憩を含め、9時間余りの移動となります。

・参加ご希望の方は、次の内容を添え、メールまたはFAXでお申し込みください。
保護者名、参加児童生徒名、年齢(学年)、生年月日、郵便番号、住所、電話(自宅と携帯)、メールアドレス(PCと携帯)。

 Fax 076-287-6824
 E-mail fkkids@kazesan.net

・お問い合わせは電話でも可能です。
 090-2034-2963(代表 マスノマサヒロ)
 090-5925-3353(運営 権谷咲子)
 090-3768-4820(事務局 河崎仁志)

主催者名:ふくしま・かなざわキッズ交流実行委員会
担当者名:マスノマサヒロ
メールアドレス:kazesan63@gmail.com
電話番号:090-2034-2963

12:29
2014/06/17

「霊峰白山をあるく」

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
ふくしま・かなざわキッズ交流実行委員会はこの夏四つのプランを立てました。第一弾は「霊峰白山をあるく」です。(HPもご参照ください。 http://www.kazesan.net/trail.html )

***

 福島の日常を離れることが保養プログラムの大きな役割のひとつなら、さらに大自然の懐に飛び込んでその息吹きを感じることは、未来を生きる子どもたちにとってより大きな意味を持っているのだと確信しています。これまで何度も歩いて感じてきた白山の頂の一歩一歩にある奥ゆかしい手応えを福島の子どもたちにプレゼントできたらと思います。白山の最高峰、御前ケ峰は標高2702m。野原のピクニック気分というわけに決して行きませんが、小学校高学年程度の体力があれば十分に楽しめます。
 高山に登ることが初めてだとしても、子どもたちなら素直に大自然の壮大さを体感できることと思います。今回の登拝は誰にも無理のないゆったりとした日程を組みました。高原の風景が広がる南竜ケ馬場では川遊びや、天候次第でお昼寝までできそうです。果敢に山を歩き回るだけでなく、折から咲き乱れている高山の花々をスケッチしたり、思い思いの時間を楽しんでください。室堂に移動したあとは、日本海に沈む夕日や満天の星、この世のものとは思えないご来光に出会えるかも知れません。隊長のよねやんは大ベテランの山男、知らないことがないくらいです。遠慮しないでどんどん質問攻めにしてください。写真に興味があるなら、ますやんが打ってつけ。希望者には写真教室だって開きます。女の子の参加ももちろんOK。女性スタッフが細やかな気配りとぬくもりを準備して待っています。

日 程  2014年7月22日(火)~26日(土)
対 象  福島県内在住または一時避難中の子どもたち
     ●強度の持病やアレルギーがあるお子様は、あらかじめお申し出ください。
定 員  福島 7人
参加費  無料(金沢駅集合。金沢までの往復交通費は自己負担となります)
     ●保護者負担となるのは、集合・解散場所までの交通費と、キャンプ中に発生した参加者本人のけがや疾患による経費(主催者の過失によるものを除きます)。主催者側で国内旅行総合保険に加入しますので、医療費は保険適用範囲内で後日保障されます。

随 行  米田 正明 石川県山岳協会理事・FKキッズ副代表
     マスノマサヒロ 写真家・FKキッズ代表 
     ほか女性スタッフ1、2人を予定

・白山登拝日程
 22日  14:00(予定) JR金沢駅改札口集合(白山麓宿泊、ミーティング)
 23日  登山(南竜ケ馬場 山荘宿泊)
 24日  (室堂 山荘宿泊)
 25日  下山(金沢市内宿泊、ミーティング)
 26日  解散(福島へ)
 * このあと開かれる「ふくしま・かなざわキッズ交流キャンプ」(7月27日~8月12日)への継続参加も可能です。間の宿泊はスタッフ宅になります。

・参加ご希望の方は、次の内容を添え、メールまたはFAXでお申し込みください。
保護者名、参加児童生徒名、年齢(学年)、生年月日、郵便番号、住所、電話(自宅と携帯)、メールアドレス(PCと携帯)。

 Fax 076-287-6824
 E-mail fkkids@kazesan.net

・お問い合わせは電話でも可能です。 090-2034-2963(代表 マスノ)

主催者名:ふくしま・かなざわキッズ交流実行委員会
担当者名:マスノマサヒロ
メールアドレス:kazesan63@gmail.com
電話番号:090-2034-2963

12:26
2014/06/14

フクシマの子どもサマーキャンプ

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
おかげさまで定員となりました。
        たくさんのご応募ありがとうございました。


2014サマーキャンプ日程

2014年のサマーキャンプの日程が決まりました。

日程:2014年8月1日~8月7日(6泊7日)

場所:小諸市東山 高齢福祉センター「糠塚園」
   小諸市乙女駅より徒歩15分 自然豊かな小高い山の上にあります。
   

費用:大人・子ども共に一人7000円・乳児3000円

募集対象:乳児~中学生とその親
     子どもだけの参加は小学生から(身の回りのことが出来る人)

内容:8月1日 郡山駅と福島駅に迎えに行きます。
       バーベキューでウエルカムパーティー
   8月2日 ハローアニマル
   8月3日 フットサル
   8月4日 地元中学生と交流
   8月5日 農業体験
   8月6日 プール
   8月7日 バスで福島へ帰る

申し込み方法:ハガキで申し込んで下さい。
       申し込み先は
       〒384-0054長野県小諸市石峠1005-26
       フクシマの子どもサマーキャンプサポート隊 事務局:安藤しん子 まで
       
       名前、年齢、学年、住所、電話番号、保護者名、保護者携帯番号
       家族で来られる時は同じハガキに参加者の名前・年齢・学年を全員お書きください。

受け入れ人員:約20名

受付が決定しましたら電話で連絡し、その後7月中旬頃に詳しい内容と参加費の振込先をお知らせします。
連絡先:メール(mugikusakakobo@gmail.com) 電話090-7252-4645(安藤)
                              


「フクシマの子どもサポート隊」とは・・・・

2011年より小諸市を拠点に活動、今年で4回目のキャンプになる。

福島第一原発事故による放射能汚染で健康被害が心配されるなか、子どもの視点で夏休みを自然の中で思い切り遊べる場所を探して1週間の屋内合宿を続けている、今年4回目になる。

他で受け入れの少ない乳幼児から中学生まで幅広い年代層を受け入れている、福島までの送迎など子どもだけでも参加できるように配慮している。

当会は地元の主婦が中心となり発足、その後男性メンバー増えて準備段階でのメインメンバーは15人ほどで企画運営している。その他にもキャンプのプログラムに賛同するNPO団体や個人ボランティアも集まりキャンプを作り上げている。昨年は地元の人を中心に中学生や東京などからのボランティア100名あまりが参加した。

その他の活動では、年末に地元の野菜や果物などをクリスマスカードと一緒に福島に送っている。
拡散可・不可:可
連絡事項:フクシマの子どもサポート隊ブログ
http://f-support.jugem.jp/


13:53
2014/06/13

第1回福島の子どもたち日帰りリフレッシュプロジェクト

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
NPO法人アースウォーカーズではこれまで福島の子ども(未就学児、中学生、高校生)を対象とした保養キャンプ・研修を行ってきました。そして今回新たに、小学生とその保護者を対象とした日帰りのリフレッシュプログラムを企画しました。

今回は、米沢で若者の就労支援などを行っているNPO法人with優さんのスペースをお借りして手作りのピザをつくります。そのあと、公園に移動して、外遊びや運動教室、自転車教室などを行う予定です。
全ての行程に学生ボランティアが入り子どもたちと一緒に活動を行います。


日程:2014年6月29日(日)

対象:小学生以下の子どもと保護者
  (未就学児は保護者同伴必須)

参加費:1人1000円+昼食代500円

募集人数:20名程度(先着順)

募集期間:6月22日(日)まで

【申し込み方法】
ホームページ(http://earthwalkers.jp/yh/YH01.html)の応募フォームからお申し込みください。また、[hoyo★earthwalkers.jp](★を@に変えて下さい)宛てに、
下記内容を記載したメールをお送り頂いてもご応募出来ます。
・参加される方全員のお名前、フリガナ、年齢、性別・ご住所・お電話番号・メールアドレス
応募を確認しましたら、返信のメールを送らせていただきます。




主 催:NPO法人アースウォーカーズ [http://earthwalkers.jp/]
協力:福島大学災害ボランティアセンター、特定非営利活動法人with優
お問合せ:Mail:
hoyo★earthwalkers.jp(★を@に変えて下さい)   

16:36
2014/06/13

2014夏休み 東京で遊ぼう in あきる野市 協同村

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
おかげさまで定員となりました。
   たくさんのご応募ありがとうございました。


2014夏休み 東京で遊ぼう in あきる野市 協同村

夏休みに福島から小学生をお招きして、東京都あきる野市にある協同村の自然の中で、
みんなで一緒におもいきり遊んで、ゆっくり過ごしてもらいたいと、今年も保養事業を計画しました。
保育士のお兄さん、お姉さんたちやボランティアのみんなが待っています。ぜひ応募してください。

日 時:8月1日(金)~ 8月3日(日)
募 集:福島在住の小学3年生~6年生 30名
参加費:一人2,000円(保険代含む)
宿 泊:協同村「ひだまりファーム」古民家 東京都あきる野市戸倉
送 迎:郡山中央交通株式会社 大型バス
    (福島駅、郡山駅までは保護者の方が送り迎えをお願いします)
締 切:6月30日(月) ※定員になり次第締め切らせていただきます
行 程:大型バスで福島駅から郡山駅を経由して、協同村へ行きます

    8月1日 AM8:30 福島出発 ~ 協同村着 、ワークショップなど
    8月2日 川遊び、バーベキュー
    8月3日 多摩動物公園 ~ PM7:00 福島へ

※募集は6月20日(金)から受付けいたします。
 参加ご希望の方は、お子さんのお名前、年齢、学年、
 住所、電話番号、保護者の方のお名前を、下記の
 問い合わせ先までメールかFAXでお送りください。

問い合わせ:福島の子どもたちを招く府中市民の会 
            TEL 042-368-5878  FAX 042-360-4462
       e-mail fuchu.manekukai@hotmail.co.jp
            ホームページアドレス http://fukusimakodomo.chagasi.com

11:40
2014/06/11

2014福島のこども保養inあきる野

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
東京あきる野市の秋川のほとりにある協同村をフィールドに、福島の親子、特にこどもたちに豊かな自然環境の中で数日間を過ごしてもらい、心も身体もリフレッシュしてもらうことを目的に「2014福島のこども保養inあきるの」を企画いたしました。川遊びや野原での虫捕りなど、自然環境の中でゆっくり過ごして頂ければ幸いです。

「2014福島のこども保養inあきる野」
日時:2014年7月26日(土)~29日(火)
開催場所:生活クラブ協同村ひだまりファーム(東京都あきる野市戸倉863)
■経費:交通費無料(福島から現地まで)、宿泊費無料、食費一部自費
<経費はカンパと助成金で賄います>
■対象者:福島県在住親子、県外へ避難されている親子
(未就学児とそのご家族、16才までの障がい児とそのご家族を基本にしますがご相談ください)
■参加費:5000円(1家族)

*申しこみ開始6月14日  締切り7月12日

連絡事項:詳しい内容を知りたい方には企画の詳細を送らせていただきます。

申し込み予約は6月14日~先着順5家族
参加費の入金を持って予約とさせていただきます。

主催者名:「2014福島のこども保養inあきる野」実行委員会
担当者名:和田安希代
メールアドレス:akiyo_wada05@yahoo.co.jp
電話番号:09017951412

14:09
2014/06/10

夏休み無料保養プログラム”おいでよ!手のひらに太陽の家で夏休み”

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
アメリカのワシントン州日米協会(JAPAN-AMERICA SOCIETY of State of Washington)様のご支援で、夏休みの無料保養プログラムを実施致します。
アメリカのシアトルで行われた東日本大震災支援イベント「Act for Japan ? Cheers from Japan」で集められた義援金で今回の保養プログラムが実現しました。

プログラムの中にはACT for Japanのビデオ上映会、三滝堂へ川遊び、北上川クルージング等も企画されており、ひと夏の楽しい思い出として、そしてアメリカとの新しいつながりを感じる4日間としてぜひ皆さんにご参加頂きたいと思います。

”おいでよ!手のひらに太陽の家で夏休み”

日程:2014年7月29日(火)~8月1日(金)の3泊4日
対象:福島在住の親子(初めて手のひらに太陽の家を利用する方や、相馬郡、双葉郡にお住まいのご家族を優先します)
料金:無料(日米協会様のご支援での開催です)
定員:8家族25名まで
お申し込み:先着順
*手のひらに太陽の家まで電話もしくはメールでお申し込み下さい(担当:佐藤)

詳細はコチラをご覧下さい

↓↓↓コチラ↓↓↓

”おいでよ!手のひらに太陽の家で夏休み”


沢山の皆様のご応募をお待ちしております!


10:18
2014/06/10

ワクワク保養ツアーin邑久光明園

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
おかげさまで定員となりました。
   たくさんのご応募ありがとうございました。


ワクワク保養ツアーin邑久光明園は今年で3回目になります、岡山県にある国立ハンセン病療養所邑久光明園で行われる保養ツアーです。

かつて国の誤った政策により隔離の場であった光明園に同じく原発事故という国策によって被害を受けられた福島の親子に来ていただき、ゆっくりと自然の中で過ごしていただくとともに、入園者の方々とも交流して頂きたいという願いのもとに開催される保養ツアーです。

日程  2014年7月23日から29日まで    の6泊7日

会場 岡山県瀬戸内市邑久町虫明6253
国立ハンセン病療養所邑久光明園

募集人数  6家族15人程度
   ※現在5家族が確定、残り1家族    です。親子で参加していただ    ける方に限ります。

参加費 交通費、滞在費を含め無料

おもな内容
   海水浴、バーベキュー、流し素   麺、甲状腺検査  その他

※ワクワク保養ツアーin邑久光明園で検索していただくと昨年の様子がご覧になれます。

参加希望の方、またお問い合わせ希望の方は下記の方まで連絡下さい。

お問い合わせ先

事務局 中杉隆法 ナカスギタカノリ

携帯 090-3276-5102
携帯メールryuhou.1128@docomo.ne.jp
パソコンメール
f-mammy-yutty@kcc.zaq.ne.jp

10:16
2014/06/06

2014夏・新潟のびのびプロジェクト

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
新潟でリフレッシュ!第2の我が家としてお使いください!
福島県外や新潟に避難している方も是非ご利用ください。
●期間:2013年6月13日(金)~2014年8月31日(日)
※上記の期間内であれば、1泊からでもご利用できます。
※多くの方々に利用して頂きたいため、1グループ最長7泊とさせていただきます。
※週末(金土日)は1回限りはさむものとします。

●場所:新潟市中央区、古い一戸建の賃貸物件
1階 4.5畳和室、DK、トイレ、風呂、2階 6畳和室×2、駐車スペース1台
※8人程度の利用を想定しています(お布団を8組用意致します)。
※1階に1台、2階に1台、エアコンがついています。
※周辺にスーパー、日用品店、ドラッグストア等、生活に必要なお店に徒歩2~3分で行けます。
※新潟中央IC近く、中心部の繁華街や日本海にも車で行きやすく便利です。

●対象:家族やグループ(滞在期間中1グループでの利用を原則とします。福島県外在住の方でも構いません。)

●参加費:1泊1,000円/棟(人数に係らず一律です。光熱水費は不要です。)
お支払方法:事前に所定口座にお振込ください。
・郵便振替 
記号 00500-2-50121 加入者名 新潟保養プロジェクト
・総合口座 
記号 11200 
番号6784321 
口座名義 新潟保養プロジェクト
・銀行口座から 
ゆうちょ銀行 
店番号128 
普通0678432 
口座名義 新潟保養プロジェクト

●食 事:自炊

●用意するもの:食材(調味料は最低限用意してあります)、タオル、バスタオル、シーツ、枕カバー(備え付けもございます。お洗濯をお願いします。)

●滞在中及び移動中の病気、事故等の責任について
滞在中は新潟スタッフが諸事項の緊急連絡先として対応させて頂きますが、責任につきましては負いかねます。各自の責任においてご対処をお願い致します。つきましては、責任の所在を明記した添付の「同意書」の作成にご協力をお願いしております。
また、万が一の場合に備え、各自で旅行傷害保険に加入することをお勧め致します。

●その他:
・家具、家電品、食器等、最低限生活に必要とされる道具については備え付けてあります。
・テレビがありません。
・緊急医療連絡先や子どもの遊び場、観光地、買い物先等の土地情報をご案内致します。

◎≪お申込み方法≫
?【抽選】 
7月18日(金)~8月31日 
《〆切》6月30日(月)
※結果は締め切り後日に、ご連絡申し上げます。
※ご希望が重なった場合は厳正公正に抽選させていただきます。
※抽選にもれた場合、市内のアパート物件やお寺等のご紹介も検討しております。
※週末、夏休み期間の応募が多数になると思われます。第1希望、第2希望、第3希望と日程をあげられた方が、よりご希望にそえる可能性が高いです。 
?【先着順】 
6月13日(金)~7月17日(木)までの日程。

○その他、いろいろお気軽にご相談ください。リフレッシュ&リラックスにどうぞおいでください!

お申込み先:(昼間勤務等の電話の場合は、受付時間を17:30以降とさせて頂きます。)
須藤 美都子 
TEL:090-4752-7175 
e-mail(携帯):mitsuko.sudo@docomo.ne.jp
渡辺 直子  
TEL:090-6129-7300 
e-mail(携帯):naochan-1109@ezweb.ne.jp
阿部 幸恵  
TEL:080-6607-6940 
e-mail(携帯):hepati@ezweb.ne.jp

主催:新潟保養プロジェクト(代表 須藤美都子)
〒950-2044新潟県新潟市西区坂井砂山2―18―19 TEL/FAX:025-269-3325 


16:05
2014/06/06

とっとりサマーキャンプ2014

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
とっとりサマーキャンプ2014募集要項
詳細は >>> http://tottori-shien.org


開催期間  7月28日(月)~8月2日(土)

目的    福島第一原発事故から3年が経過しましたが、未だ放射線の影響に不安を抱え苦しんでいる方が沢山いらっしゃいます。そのような環境の中で暮らしている福島県内の子供達を鳥取に招き、おもいっきり自然体験を楽しんでもらいリフレッシュしてもらうことを目的としています。
特に今回のサマーキャンプでは、保養に出ることが困難な「保養弱者」とされている障がいのある子供(身体、知的、精神など)、母子家庭や父子家庭などのシングルペアレント、親の無い子ども、生活保護世帯など、特定の社会環境下にある子供達にこのような機会が少ないという現状と背景を考慮し、母子家庭・父子家庭の子供達に焦点を当て企画しています。

日程    HPをご覧ください。

定員    20名(先着順)

対象者   福島県中通り・浜通り在住のひとり親家庭のお子さん。(小学4年生~小学6年生)

交通手段  新幹線・特急列車。(福島駅・郡山駅出発。)
      
参加条件  ・自分で身の回りのことができること。
      ・みんなと協力して楽しく参加できること。
      ・お子さんの携帯電話・ゲームの持込み禁止。
      
参加費用  ¥2,000 (保険料など)
      
申込み方法 ・参加者氏名(ふりがな)     ・住所
      ・保護者氏名           ・ご自宅電話番号  
      ・学校名・学年          ・FAX番号
      ・性別              ・緊急時連絡先(保護者の携帯電話番号)
      ・生年月日            ・保護者のメールアドレス

      ・車酔いの有無          ・集合場所(福島駅or郡山駅)
      ・アレルギー           ・心配なこと
      ・除去食             ・(※1)メディア取材(OK・NG)   
      
      上記すべてを必ず明記の上、メール・FAXにて受付致します。   
      (※1)キャンプ中、鳥取県内の新聞社やテレビ局等の取材が予想されます。メディアに
映る事を避けたい方は、事前にお知らせをお願いします。取材等が入る際には、
映ることのないよう目印を付させて頂き対応をさせて頂きます。

   HP内の「サマーキャンプ日程」「お申込みの流れ」を必ずご覧頂きますようお願い致します。


お申込み先 とっとり震災支援連絡協議会
Mail/ support@tottori-shien.org
          FAX/ 0857-22-7877

募集受付開始  平成26年6月15日(日)15:00より(先着順)
        ※15:00以前にお申込みの場合は無効。

      定員になり次第終了。

        
個人情報について ・キャンプ中に写真や動画の撮影をします。
          撮影したものは、今後の活動報告や資料としてHP掲載や当協議会の活動に使用させていただきますのでご了解をお願い致します。
         ・キャンプ参加にあたり取得いたしました個人情報につきましては、第三者等への流出はいたしませんのでご安心ください。
          ※HP内プライバシーポリシーをご参照ください。

キャンセルについて ご当選のメールが届きましたら、期日内に参加費のお振込をお願いします。
          期日までにご入金の確認が取れない場合はキャンセル扱いとなりますのでご了承ください。
          参加確定後のキャンセルにつきましては、落選された方にお譲りいたしますので、ご配慮いただき早めのご連絡をお願い致します。


16:04
2014/06/05

Smilink Camp 2014

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
1.目  的 
・福島第一原発事故の影響により、外での遊びに自由がなくなった福島の子どもたちに、夏休みの「遊び」や、体内の放射線量を減らすための「保養」の場を提供。
・福島の子どもたちと北九州市民との寝食を共にする交流を通して、環境教育・エネルギー問題などについての市民レベルの啓発を行う。
・北九州市民が、福島の子ども達とのかかわりの中から、今後起こりうる様々な災害に対して、意識を高めていくきっかけとする。
・福島の子どもたちと北九州の子どもたちとの交流を通して、5年、10年続く笑顔の輪を創る

2.期  間  平成26年8月1日~9日(8泊9日)

3.場  所  北九州市

4.募集人数  福島県在住の小中学生5名程度(南相馬市より10名程度参加予定)

5.内  容
(1)ホームステイ
    ・場所:北九州市一般家庭
    ・日程:平成26年8月1日~4日(3泊4日)
    ・内容:北九州市またはその近郊の家族へ受け入れを呼び掛ける。北九州市の紹介と共に、市民同士の交流を図る。また、安全な衣食住を子どもたちが得ることで、子どもたちに安心を与える。

(2)アースマイルキャンプ
    ・場所:もじ少年自然の家
    ・日程:平成26年8月4日~8日(4泊5日)
    ・対象:参加者、北九州市内の小中学生15名
    ・内容:環境教育をテーマに体験を中心とした交流とキャリア教育キャンプを実施


環境教育体験・・・北九州の環境施設(エコタウン、環境ミュージアムなど)や企業を訪れ、環境教育に触れる体験を行う。

自然体験・・・門司の大自然の中で、ウォークラリー、海水浴、カヌーなどを実施。安全なフィールドで心から楽しめる遊びを企画。

食づくり体験・・・飯盒炊爨、ソーラークッカーなどのアウトドア料理を通して仲間と一緒に安全な食づくりを体験

・その他
   ・スタッフとして地元の学生や市内の教員がボランティアで参加。
   ・ゆったりとしたプログラムの中で、子どもたちが選択できる場を創る
   ・子どもたちの主体的な参加を促すために、ルールは子どもたちが決める

(3)交流会
    ・場所:もじ少年自然の家
    ・日程:8月4日(月)12:00~14:00
    ・対象:SmilinkCamp2014参加者・家族、ホストファミリー、関係者 など
    ・内容:バーベキューを行いながらの交流パーティーを開催

(4)スケジュール(予定)
・8月1日    福島駅に集合→【新幹線】→東京(乗換)
→【新幹線】→小倉駅→顔合わせ→ホームステイ先へ

  ・1日~4日  「ホームステイ」

  ・4日      ホームステイ先よりもじ少年自然の家へ移動
  ・4日     「交流会」

  ・4日~8日  「Smilink Camp 2014」

  ・9日       もじ少年自然の家より小倉駅へ移動

            小倉駅集合→【新幹線】→東京(乗換)
→【新幹線】→福島駅にて解散

(5)参加費  福島県内に在住の小学生:10,000円 中学生:20,000円

8.運営
  主催:Upple(http://upple.jimdo.com/)
  共催:Smilink Project 実行委員会(http://smilink.jimdo.com/)
     北九州市

運営は、Upple、Smilink project 実行委員会が連携して行う。
   Uppleとは、北九州とその近郊の学生、若者が主体的な企画、運営を通して、様々な出会いから新しい気付きを心に抱き、新たな1歩を歩むきっかけをつかむために、2007年に設立した団体。Uppleは「Upる」の造語。活動を通して、対象者のみならず、スタッフも含め、関わっていただいた皆さんが、新しい何かをそれぞれに感じ、それぞれの形で”Up”していくことを目的としています。糸島での春、夏、秋、冬の自然体験キャンプ「森語り体験キャンプ」や、東北訪問「Smilink東⇔北」、国際交流事業「国際ワークキャンプinカンボジア」などを主催。 代表 原水敦(社会福祉士)

   Smilink Project 実行委員会とは、北九州またはその近郊にて、子どもキャンプを運営している有志にて被災地の子どもへの支援が何かできないかと2012年に設立。代表の池本綾女は、北九州市黒崎をフィールドに2003年よりハロウィンイベントを主催。2012年で10周年を迎えた。現在は「まちづくりはひとづくり」をコンセプトに、aiplanet代表として黒崎を中心としたまちづくりに参加。
代表:池本綾女(ai planet 代表)
   事務局長 福田百合加
   スタッフ:中西 享嗣(株式会社ニコウ代表取締役)
高田崇(NPO法人 An‘s)
西野哲也
原水敦(Upple代表)
   アドバイザー:高藤麗子(風和土(ふわっと)代表)
9.その他
(1)施設概要
   もじ少年自然の家・・・〒801-0812 北九州市門司区大字喜多久784-1

(2)加入保険(予定)
・保険の種類 スポーツ安全協会傷害保険   
・保険期間  2014/8/1 ~ 2014/8/9(年間加入)
・補償内容  死亡2000万円 後遺障害3000万円 身体賠償1億円
            事故5億円 入院4000円 通院1500円

連絡事項:応募は、E-mailにて受け付けます。応募多数の場合は、抽選とさせていただきます。

名前、性別、住所、年齢(学年)、学校名、電話番号、携帯、保護者名(関係)、家族構成、住まい、応募動機

を記載の上、下記までメールをお願いします。

1次申し込みの締め切り・・・6月15日

問い合わせ先:Smilink project実行委員会 事務局 福田
070-5694-2273
smilinkproject@gmail.com


16:37
2014/06/05

きらり富山の夏2014

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
募集を締め切りました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

きらり富山の夏2014(短期招待事業)

夏休みを富山で過ごしませんか!!  8月上旬の4日間,親子を招待します。

私たち東北AIDは,富山から東北震災復興支援をしている任意ボランティア団体です。
昨年に引き続き,福島在住の親子の方に短期間ではありますが,自然豊かな富山県でリフレッシュ
していただこうと招待事業を企画いたしました。
今回の宿泊場所は,日本の夕陽・名水百選に選ばれている黒部市です。
豊かな自然の中でおもいきり富山の夏を楽しみませんか? 

■期間: 2014年8月1日(金)~4日(月) 3泊4日

■宿泊施設: 黒部市ふれあい交流館「あこや~の」
          http://www.akoya-no.com

■対象: 福島県在住の親子(乳幼児~小学生児童とその親)

■募集人数: 合計40名

■参加費: 大人8,000円,4歳以上の子ども3,000円,3歳以下無料(宿泊費及び食事代の一部として)
        ※参加費とは別に以下の経費がかかります。
        ・ミラージュランド(レジャー施設)でのアトラクションチケット代金等(プール利用代金を除く。)
        ・昼食代(7/26,27)
        ・住居から福島県内の集合場所までの交通費

■集合場所: JR郡山駅前

■プログラム: 詳細はHPでご確認ください。
        8/1(金) 貸切バスで福島県内の集合場所から移動,夕食後ウェルカムパーティ

        8/2(土) 牛ふれあい体験,竹椀・竹箸作り,BBQ,流しそうめん,キャンプファイヤーなど(テント泊)

        8/3(日) 魚津ミラージュランド(流れる海水プール,立体迷路等アトラクション) 

        8/4(月) 生地地区で清水(しょうず)めぐりの後,貸切バスで福島県内の集合場所へ移動
             ★生地(いくじ)は名水の里。北アルプスの水が黒部川扇状地の伏流水として生地のあちこちに
              湧き出てています。これらの清水を巡って,飲んで,さわって,持ち帰ってください。
              (ガイドさんも随行します。)

■応募方法: 
1. まず,電話またはメールでご一報ください(メールの場合は件名に?きらり参加希望?と記入してください)。  
    TEL:090-8096-0874(河西)  E-mail:kawanisi@pa.ctt.ne.jp

2. 折り返し連絡しますので,その後HPからダウンロードした申込書に必要事項を記入の上,メールかファクスでお申し込みください。
    HP: http://tohokuaid.net   FAX:076-491-6078(小林)

■募集期限: 平成26年6月28日(土) 定員に達し次第締め切りとします。

■その他
 ・プログラムは団体として活動する際の基本スケジュールですので,個人での行動も可能です。
 (例)家族のみでの別の観光地訪問や富山在住の親戚・家族訪問等

■主催者及びスタッフは、日程中事故の無いよう万全の注意を払い行動しますが、万一の場合を含め、当方で加入の傷害保険内での
 対応でご容赦いただきますことをご承諾のうえお申し込みください。

後援:黒部市教育委員会


ご質問・お問い合わせ先

東北AID(トウホクエイド) HP: http://tohokuaid.net   
担当者 河西 義一 
E-mail: kawanisi@pa.ctt.ne.jp    TEL:090-8096-0874


11:09
2014/06/04

呉羽のおうち 福島の家族保養プログラム2014

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島


福島の家族保養プログラム2014 

呉羽のおうち  

富山県の中央にある呉羽丘陵にたたずむ古民家に家族一緒に滞在して、
海も山も富山の自然を満喫してリフレッシュしませんか。

東北AIDでは2012年から、ふだん放射線を気にして自由に外で遊べない福島の子供たちを
夏休みに富山に招待してきました。
昨年までの保養事業は日程や募集人員に限りがあり、募集開始から数日で定員に達し、参
加希望をお断りせざる得ない状況であったことから、ひとりでも多くの子供たちのリフレッシュ
がかなうようにするため、このプログラムを実施します。

★受入れ期間:    7月24日(木)~8月20日(水)

★宿泊場所:    くれは山荘保養館 富山市西金屋6717
         10畳2間続き(1部屋)又は10畳(1部屋)を提供します。 
         共同キッチンでの自炊、共同食堂での食事となります。
         お風呂、洗濯場、炊飯器、IH、食器類などが完備しています。
         (施設の外観や部屋などは「東北AID」のHP※をご覧ください。)

★対象となる家族:    小学生までの小さな子どもがいる家族でマイカーで来ることができる家族

★募集(受入可能)数: 1日につき2家族まで (連続宿泊は5泊まで可)

★費用:   大人1人1泊 1,500円(布団代、電気代等を含む。)
       子ども1人1泊 500円(添い寝の乳幼児は不要)

★申込方法:「東北AID」のHP※の「呉羽のおうち申込用紙」(PDFまたはword)をダウンロードし、
        必要事項を記入して、ファクス又はメールに添付してお申し込みください。
        ※「東北AID」のHP: http://tohokuaid.net

   申込先 FAX:076-455-1821(長谷川)
         E-mail:info@tohokuaid.net

★予約受付:申込書が届いた時点でメール又は(携帯)電話で宿泊の可否についてご連絡します。
        宿泊が可能な場合は、「参加費の振込みのお願い」を送りますので、到着後7日以内に参加費を
         指定口座にお振込みください。振込みが確認できた時点で正式予約となります。
         予約が完了した後、近隣の地図や滞在期間中の注意事項等を記載した資料をお届けします。

★募集期限:期間中満室となった時点で締切とします。

主催者及びスタッフは、日程中事故の無いよう万全の注意を払い行動しますが、万一の場合を含め、当方で加入の傷害保険内での対応でご容赦いただきますことをご承諾のうえお申し込みください。

ご質問・お問い合わせ先
東北AID(トウホクエイド)
担当者 長谷川由美 E-mail:info@tohokuaid.net  TEL:090-1456-2044


11:11
2014/06/04

心のふるさと交流

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
期間:7/24 - 8/4

人数:25名

対象:東日本大震災被災地(岩手・宮城・福島)に在住の小学生・中学生。
保護者同伴で乳幼児受け入れ可。

参加費:2万円(兄弟2人目からは1万円)

内容:鹿児島県内の寺院または一般家庭にホームステイ。
鹿児島の大自然の中でゆっくり楽しい時間を過ごしてもらいたいです。

申込先:〒899-5302 鹿児島県姶良市蒲生町上久徳2681
幽栖寺 藤谷亜太可

電話 0995-52-0201 FAX 0995-52-1957

申込み締め切り:6/12

連絡事項:集合・解散場所はJR仙台駅、JR福島駅、JR郡山駅

主催者名:「東北の子どもたちと共にあゆむ」全国プロジェクト
担当者名:藤谷亜太可

11:09
2014/06/04

「東北の子どもたちと共にあゆむ」宮崎

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
期間:7/24 - 7/31

人数:8名

対象:東日本大震災被災地(岩手・宮城・福島)に在住の小学生・中学生・高校生

参加費:2万円(兄弟2人目からは1万円)

内容:常夏の南国宮崎で、田舎(のんびり)時間を過ごしませんか?宮崎県内のお寺に宿泊したり!海や川や山でのキャンプ!農業体験!宮崎のお友達との交流!
宮崎盛りだくさんでお待ちしております。

申込先:〒889-1702 宮崎県宮崎市田野町乙9398
西導寺 川添教章

電話 0985-86-0112 FAX 0985-86-0137

申込み締め切り:6/12

連絡事項:集合・解散場所はJR仙台駅、JR福島駅、JR郡山駅

主催者名:「東北の子どもたちと共にあゆむ」全国プロジェクト
担当者名:川添教章


11:07
2014/06/04

「東北の子どもたちと共にあゆむ」大分

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
期間:7/24 - 7/31

人数:10名

対象:東日本大震災被災地(岩手・宮城・福島)に在住の小学生・中学生・高校生

参加費:2万円(兄弟2人目からは1万円)

内容:大阪から大きなフェリーで九州へ、温泉の別府を観光して県内ホームステイが
始まります。黒田官兵衛ゆかりの中津など、山あり海ありの歴史と自然一杯の大分各地へ。

申込み締め切り:6/12

連絡事項:集合・解散場所はJR仙台駅、JR福島駅、JR郡山駅

主催者名:「東北の子どもたちと共にあゆむ」全国プロジェクト
担当者名:重松祐誠
メールアドレス:yujo-shigematsu@celery.ocn.ne.jp
電話番号:0979-22-0451

11:04
2014/06/04

「東北の子どもたちと共にあゆむ」長崎

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
期間:7/24 - 7/31

人数:5名

対象:東日本大震災被災地(岩手・宮城・福島)に在住の小学生・中学生・高校生

参加費:2万円(兄弟2人目からは1万円)

内容:長崎県内の寺院にホームステイし、長崎の歴史と文化を体験して下さい。
後半は福岡でのサマースクールにも参加します。夏の楽しいひと時をお過ごし下さい。皆さんの参加、お待ちしております。

申込先:〒854-0025 長崎県諫早市八坂町8-7
西楽寺 西崎智英

電話 0957-22-2648 FAX 0957-21-2482

申込み締め切り:6/12

連絡事項:集合・解散場所はJR仙台駅、JR福島駅、JR郡山駅

主催者名:「東北の子どもたちと共にあゆむ」全国プロジェクト
担当者名:西崎智英
メールアドレス:nissy@sairakuji.jp


11:00
2014/06/04

安穏交流プロジェクト

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
期間:7/24 - 7/31

人数:20名

対象:東日本大震災被災地(岩手・宮城・福島)に在住の小学生・中学生・高校生

参加費:2万円(兄弟2人目からは1万円)

内容:福岡県内のお寺や一般家庭にホームステイをします。

滞在中、2泊3日のサマーキャンプが2回あります。(2回目は選択参加)

福岡で家族と友だちを増やし楽しい思い出をたくさんつくって下さい。

申込先:〒811-2208 福岡県糟屋郡志免町吉原541-1
一心寺 傍示(かたみ)憲昭

電話 092-692-7563 FAX 092-692-7564

申込み締め切り:6/12

連絡事項:集合・解散場所はJR仙台駅、JR福島駅、JR郡山駅

主催者名:「東北の子どもたちと共にあゆむ」全国プロジェクト
担当者名:傍示憲昭


10:57
2014/06/03

山形県小国での保養

Tweet ThisSend to Facebook | by:子ども福島
かげさまで定員となりました。
  たくさんのご応募ありがとうございました。


第13回、14回,15回山形県小国での保養のご案内

飯豊・朝日両連峰に抱かれた里山で、日頃の疲れを癒し、ちょっとゆっくりしてみせんか?
季節の移り変わりを子どもたちと一緒に楽しみましょう!

日程:第13回 2014年6月21日(土)~22日(日) 1泊2日
   第14回    7月19日(土)~21日(月) 2泊3日
   第15回       8月15日(金)~17日(日) 2泊3日
場所:おだまきの家 山形県西置賜郡小国町大字新股字堤の下195
※福島市から約2時間。参加者には後日アクセスマップをお送りします

対  象:東日本大震災で被災された方
定  員:各回20名程度
※部屋数は7部屋、家族単位での利用になります
参加費: 1泊2日 大人1500円 子供1000円(保険料含む)
      2泊3日 大人3000円 子供2000円(保険料含む)
内 容: 初日13:00現地集合、最終日昼食後現地解散
季節の野外活動を中心に川遊び、ホタル狩り、畑 の収穫、プール、クライミング等。また、地域のお祭りなどにも参加します。

申込方法:下記の申込先に必要事項をご記入の上、メールかFAXでお申し込みください。
・    参加者全員の氏名(フリガナを付けて)、性別・生年月日
・    住所・郵便番号
・    電話番号・メールアドレス(パソコンのものがあれば)
・    キャンセル待ちの希望の有無

申し込み締め切り:先着順 定員になり次第締め切り、お知らせいたします
申込先:山形つながるプロジェクト 保養担当 徳永美嘉
電話:080-6033-0596
FAX:023-688-8137
メール:mikatoku2289@yahoo.co.jp
ブログ:http://tunagarupro.blogspot.jp/

主催者名:山形つながるプロジェクト
担当者名:徳永美嘉


15:08
12345